Advertisement

【Bellator】堀口恭司、対戦相手が体重超過で試合中止 レイ・ボーグはUFC時代も繰り返した“常習犯”

堀口恭司
堀口恭司(C)Getty Images

Advertisement

22日(日本時間23日)の総合格闘技イベント「Bellator 295」(米ハワイ州ホノルル)で復帰を予定していた堀口恭司の試合が中止となった。対戦相手レイ・ボーグ(米国)の契約体重超過のため。

◆朝倉海、「RIZINが世界に舐められた」復帰戦の先にフアン・アーチュレッタへの“リベンジ”誓う

■UFC時代にも体重超過

125ポンドのフライ級(56.7kg)契約から、130ポンド(58.96kg)契約に変更を申し出ていたボーグが、さらに体重超過となった。

Advertisement

堀口は自身のTwitterで「今回の試合流れてしまいました、、、楽しみにしていた皆様本当に申し訳ありません また、しっかり楽しい試合が見せられるように作ってきます!」(原文ママ)と投稿。昨年4月のパトリック・ミックス戦以来となるBellator復帰戦は持ち越しとなった。

ボーグはUFC時代にも体重超過を繰り返し、2016年12月と20年2月の2試合はキャッチウェイトで実施。ボーグは試合前の会見で当初125ポンドのオファーだったことを記者陣に指摘された際、「この3、4年は135でやってきたが、125の選択肢もあった。Bellatorデビュー戦の相手がホリグチというオファーに、ノーとは言いたくなかった」と答えていた。

◆堀口恭司の復帰戦勝利を海外ブックメーカーは有力視していたが……日本人3選手の戦前オッズ公開

◆牛久絢太郎、堀口恭司との“強力タッグ”で朝倉未来を迎え撃つ 「練習ではもっと強い人とやっている」

◆「普通に戦えば俺が勝つ」朝倉未来、MMA復帰戦に向けて自信のワケ 本人が語る前王者との“差”

文●SPREAD編集部

Advertisement


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします