Advertisement

【RIZIN/勝敗予想】朝倉未来、牛久絢太郎との一戦は“紙一重”の攻防 「自信満々に前へ出ると危険」

 

【RIZIN/勝敗予想】朝倉未来、牛久絢太郎との一戦は“紙一重”の攻防 「自信満々に前へ出ると危険」
フェイスオフする牛久絢太郎(左)と朝倉未来 撮影:SPREAD編集部

牛久絢太郎 vs. 朝倉未来」が29日に開催される「FEDELTA presents RIZIN LANDMARK 5 in YOYOGI」のメインマッチで激突する。

数年前、RIZINの中心は堀口恭司朝倉海擁するバンタム級だった。しかし、2020年11月の「RIZIN初代フェザー級王座決定戦 斎藤裕 vs. 朝倉未来」を皮切りに、多くのトップファイターたちがフェザー級に参戦。一気に中心階級へと躍り出た。

初代王者・斎藤裕、第2代王者・牛久絢太郎へと政権交代が起き、2022年10月に牛久を下したクレベル・コイケが第3代王者となった。

昨年末には、ベラトールとの対抗戦も開催され、パトリシオ・ピットブルも来日、大注目を集めた。今年6月北海道大会でクレベルに挑む、キックとの二刀流・鈴木千裕ら多くの選手が存在し、誰が王者に挑むかという構図だ。

牛久 vs. 朝倉未来は、フェザー級で生き残りをかけた一戦。今大会では、同階級で「元王者・斎藤裕 vs. 平本蓮」も組まれており、この試合の勝者が斎藤と平本の勝者と激突することになるのか。勝ち方によっては、6月大会の「クレベル vs. 鈴木」の勝者に、ダイレクトで挑む可能性もあるだろう。

◆【全試合速報中/RIZIN LANDMARK 5】「牛久絢太郎 vs. 朝倉未来」「斎藤裕 vs. 平本蓮」4月29日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

■「朝倉 vs. 平本」期待ムードのなか、どのような展開となるか

格闘技ファンは「朝倉 vs. 平本」の期待ムード。平本は朝倉を執拗に挑発し、話題を集めると、現在2連勝で朝倉を射程圏内に捉えた。朝倉自身、平本が斎藤に勝つようなことがあれば「やることになるかもしれないですね」と話している。

しかし、牛久は牛久でクレベル・コイケへのリベンジ戴冠、朝倉未来撃破へ燃える。RIZINの頂点を一度獲った者として、再び最強の座に就くためには落とせない。実質、鈴木千裕を除き、この勝者が最も時期挑戦者に近い存在なのだ。

一つ言えるのは、この試合に“まさか”は存在しない。なぜなら、お互いの実力がほぼ拮抗すると分析するからだ。

Advertisement


朝倉は昨年9月にフロイド・メイウェザー・ジュニアとエキシビションで対戦。その際にパンチに特化した練習を積み、MMAにおいてもレベルアップに手応えを感じている。牛久は、クレベルに一本負けを喫したものの、それまでは4連勝を記録しており、高い実力を見せていた。斎藤戦で見せたカウンターのハイキックも見事、テイクダウンからのコントロール力など総合力もある。勝負は“紙一重”となるだろう。

■勝負のカギは“隙”の有無

では、勝敗を分けるポイントはどこにあるのか。答えは打撃における“隙”にあると考えている。

朝倉に関しては、ボクシングスパーでボクサーを吹っ飛ばすほどのパワーがあり、蹴りもボディへ散らしてのハイキックなど、上下の打ち分けも可能。一撃の破壊力では牛久を上回っている。また、矢地祐介戦で見せた相手を誘い込んでのカウンターも効かせられる。

一方、牛久も器用にハイキックなどを蹴り、ダウンを奪うが、これまでのキャリアで数回KO負けを喫している過去がある。最も印象的なのは2021年2月の中村大介戦。中村の右カウンターのヒザ蹴りをモロに被弾して、KO負けを喫している。

朝倉はキャリア20戦でKO負けは一度もなく、打撃勝負となった時にダウンを喫するシーンはほとんど見受けられない。ディフェンス能力に長けており、危ない勝負をせずとも、勝利を手繰り寄せることができる。

朝倉は一度、斎藤裕に攻め手にかけたことで判定負けを喫したことがあるが、リベンジ戦では自ら攻撃を仕掛けた上でのカウンターで印象付け、判定勝ちを収めている。リスクを背負わず勝ちに徹することができるのが朝倉だ。そして、このクレバーなファイトスタイルに加え、メイウェザー戦を経て、進化した打撃では牛久を上回ると予想する。

■朝倉が“自信満々”に前へ出ると危険信号

公開練習では、打撃に並々ならぬ自信をのぞかせていた朝倉。普段は、決して焦ることはなく、相手を観察しカウンターを仕掛ける。だが、牛久と対峙した朝倉が自信満々に自ら前進し続けると、危険な展開にもなりかねない。

Advertisement


牛久は朝倉に対して、冷静にタックルを仕掛けてテイクダウンを狙うだろう。朝倉自身、牛久に「持久力はない」と指摘しているが、牛久は「スタミナの方にも自信がある」とアンサー。牛久にとっては、序盤にテイクダウンを朝倉から奪えるかがポイントだろう。

朝倉が背中を床に付け、コントロールされる展開はRIZINでは見られていないが、果たして牛久はグラウンドの攻防に持ち込むことができるのか。定評のある朝倉の腰の強さと“鬼の練習”で鍛え上げられた牛久のスタミナ、タックルが交錯したタイミングが見どころとなる。

■一部の隙もない朝倉が判定勝ちを予想

勝敗予想としては、朝倉の判定勝ちを予想する。序盤は緊張感のあるスタンドの攻防。お互いに打撃を交換するが、牛久がテイクダウンを仕掛け、朝倉はケージを背にしてディフェンスする展開となりそう。

普段のRIZINはリングだが、今回はケージでの試合であることもポイント。牛久はDEEPで長年戦ってきただけに慣れてはいるが、腰が強くテイクダウンディフェンスに長けている朝倉を寝かせきることはできないと予想する。後半になり、打撃力で優る朝倉がカウンターパンチ、左フックなどを的確に当てて、ペースを掴む、牛久も打撃勝負で決定打は許さないが、打撃のスキルが勝敗を分け、朝倉が判定勝ちを収めると予想する。

◆【勝敗予想】平本蓮、“大番狂わせ”の可能性 “現代版ミルコ・クロコップ”となるか… 鮮烈カウンター炸裂を予想

◆「普通に戦えば俺が勝つ」朝倉未来、MMA復帰戦に向けて自信のワケ 本人が語る前王者との“差”

◆【全試合速報中/RIZIN LANDMARK 5】「牛久絢太郎 vs. 朝倉未来」「斎藤裕 vs. 平本蓮」4月29日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

文●吉田崇雄