Advertisement

【RIZIN.42】三浦孝太、涙の初黒星も止まらぬ“成長意欲”「負けを恐れず、チャレンジしていきたい」

 

【RIZIN.42】三浦孝太、涙の初黒星も止まらぬ“成長意欲”「負けを恐れず、チャレンジしていきたい」
YA-MANに敗れた三浦孝太(C)RIZIN FF

「RIZIN.42」は6日、東京・有明アリーナで開催され、第9試合「三浦孝太 vs. YA-MAN」は、YA-MANが1ラウンドTKOで勝利。三浦はデビュー3戦目にして初黒星を喫した。

◆「意外とできるわ」YA-MAN、MMA初陣で得た手応え 芦澤竜誠には“格の違い”強調

■「経験の差をすごく感じた」「自分の打撃の面で信じていれば」

涙の初黒星に悔しさを滲ませた三浦。「MMAを始めて2~3年経つが、今まで積み重ねてきたYA-MAN選手の1年は違う。試合経験、場数の差が出た」と総括した。もともと準備していた作戦はリングサイドに那須川会長が建てたという「フェイントからの打撃」だったが、「MMAにしかない攻撃や意表を突く攻撃を用意してたんですけど、その展開にすらならなかった。自分を打撃の面で信じていればよかった」と俯いた。

引き込みに関しては「絶対にやってはいけないと思っていましたが、キックの距離感になるのを恐れていたので、組んだときに離したくないという思いがあった」と明かし、「スタンドではそんなにクリーンヒットをもらった覚えはなくて最後のパウンドは強かった」と試合を振り返った。

■「自分を使ってくれる限りは…」

「またチャンスいただけるのなら……自分はほかのRIZINに出てる誰よりも実績もないですし、(リングに)立つ権利も薄いと思っていて。勝ってれば出られると自分の中で思っていたんですけど今回負けてしまったので」と次戦へのオファーに不安も見せたが、「榊原さんが自分を使ってくれる限りは、成長していくストーリーを見せたい。これからも負けを恐れず、チャレンジしていきたい」と闘志は消えない。

「リングに上ったときは怖くなかったし、惹かずにどんどんトライしようと思っていた。出せていないことも多いですけど、パンチや攻撃を出せた」と自身の試合の良かった点にも目を向けていた。さらに試合後、リング上でYA-MANに「打撃を教えてほしい」と頼んだとし「自分はどんどん上に行きたいんで、力をつけたいんで、YA-MAN選手がいいのであれば、打撃だったりを教えてもらえたら」と成長欲をたぎらせた。

◆【RIZIN.42】「情けない…」安保瑠輝也、ブアカーオ戦の判定ドローに肩落とす “MMAつまらない”発言には反省の弁

◆【速報更新中】「朝倉海 vs. 元谷友貴」「井上直樹 vs. アーチュレッタ」5月6日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

◆【RIZIN.42】ホベルト・サトシ・ソウザ、ベラトール強豪に判定勝ちも涙の土下座 「大晦日、ごめんなさい」

Advertisement


文●SPREAD編集部