【RIZIN.42】「意外とできるわ」YA-MAN、MMA初陣で得た手応え 芦澤竜誠には“格の違い”強調

 

【RIZIN.42】「意外とできるわ」YA-MAN、MMA初陣で得た手応え 芦澤竜誠には“格の違い”強調
MMA初挑戦で白星を飾ったYA-MAN(撮影:SPREAD編集部)

RIZIN.42」は6日、東京・有明アリーナで開催され、第9試合「三浦孝太 vs. YA-MAN」は、YA-MANが1ラウンドTKOで勝利した。

◆【RIZIN.42】フアン・アーチュレッタ、大苦戦も驚異の粘りで逆転V 大健闘の井上直樹に「いつかチャンピオンになるよ」

■三浦は「ファイターなんだな、と」

MMA初勝利のYA-MANは、「試合までも試合も楽しかった。これがMMAか」と達成感を語り、三浦孝太の印象については、「戦う前はもっと温厚なのかなと。試合前、瞳孔がん開きで睨んできたんで、ファイターなんだな、と。育ちがいいとか思わず、荒々しい感じ。いつも相手の目の中を見てるんですけど、やる気でくるなと」と覚悟を感じたという。

初めての総合格闘技の試合だったが、終始落ち着いていたというYA-MANは「フロントチョークからの引き込みは100パーくると思っていた。フロントチョークは入ってなかったので、反撃せずに力を使わせて、一気に逃げるとか、バックからの逃げも、練習通り。冷静でした。打撃のコンビネーションも、四点ヒザも、練習でやったことを試合でやっただけ。意外とできるわ」と手応えを感じた様子だ。

■芦澤とは「やってやってもいい」

試合後のマイクで芦澤竜誠についても触れたが、「(芦澤とはやりたい気持ちは)自分はまったくないっすよ? でもDMとかで来るんすよ。また皆の前でボコボコにされたいならやってやってもいいよ、っていう」と一蹴。さらに「対抗心はライバルとか、勝てるか分からない相手に湧くものなので、(芦澤に対しては)まったくない。『黙らせてやろうか』という感じ。うるせえから」と格の違いを強調した。

また質問は入場シーンにも及んだ。毎度ど派手な入場シーンを演出するYA-MANは「THE MATCHよりも派手にしました。試合でも期待以上のものを出さないと。大変ですよ、金かかってしゃーないんで」と苦笑い。東京バーレスクから15人を派遣してもらったといい「言ってもいいのかな? 15人で150万です」と演出へのこだわりと対価を明かした。

◆【速報中】「朝倉海 vs. 元谷友貴」「井上直樹 vs. アーチュレッタ」5月6日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

◆【RIZIN.42】ホベルト・サトシ・ソウザ、ベラトール強豪に判定勝ちも涙の土下座 「大晦日、ごめんなさい」

◆【RIZIN.42】フェザー級に“超新星”横山武司、秒殺一本でMMA5戦無敗 「牛久先輩ができなかったことをやった」

Advertisement


文●SPREAD編集部