Advertisement

【女子ゴルフ】岩井姉妹首位争い、明愛が怒涛のバーディ・ラッシュで単独トップ RKB×三井松島レディス初日

 

【女子ゴルフ】岩井姉妹首位争い、明愛が怒涛のバーディ・ラッシュで単独トップ RKB×三井松島レディス初日
女子ゴルフの岩井明愛(C)Getty Images

女子ゴルフの国内第11戦・RKB×三井松島レディス(福岡県・福岡カンツリー倶楽部 和白コース / 6299ヤード、パー72)は12日、第1ラウンドが行われ、岩井明愛が7バーディ、ノーボギーの65で回り、通算7アンダーで単独首位発進した。1打差6アンダー2位タイに福田真未岩井千怜がつけた。

◆小祝さくら、相性のいいコースで今季初勝利なるか RKB×三井松島レディス展望

■岩井ツインズと地元出身・福田の伸ばし合い

好天に恵まれた初日、風もそれほどなく、絶好のコンディションの中、各選手スコアの伸ばし合いとなった。

単独首位に立った岩井ツインズの姉、明愛は幸先よく1番バーディスタート。その後前半は9番までずらっとパーを並べた。インに入って怒涛のバーディラッシュが始まる。10番から3連続、14番、17番、18番と、後半30ストロークの好ラウンドとなった。

この日、一番の見せ場をつくったのが妹、千怜だ。6番パー4、2打目でピンを刺すショットを放つ。ボールはバックスピンでカップに吸い込まれる、見事なショットインイーグルで、ギャラリーを大いに沸かせた。

地元福岡出身の福田も素晴らしいゴルフを見せた。6バーディ、ノーボギーと、上位陣では明愛とともにボギーフリーでのラウンド。パー3で3つのバーディを稼げたのは、ショットの好調さがあってこそ。3年振りの、地元での3勝目に向け絶好のスタートを切った。

明日の最終組は、岩井ツインズと地元出身の福田となる。予報は雨だが、見どころの多い2日目となりそうだ。

■主な上位選手順位

上位選手の主な順位は以下の通り。

1位 / 7アンダー / 岩井明愛
2位タイ / 6アンダー / 福田真未、岩井千怜
4位タイ / 4アンダー / 吉田鈴(アマチュア)、申ジエ(韓国)
6位タイ / 3アンダー / イ・ミニョン(韓国)、青木瀬令奈、リ・ハナ(韓国)、竹田麗央、仲宗根澄香、山下美夢有

Advertisement


吉本ひかる、大里桃子は1アンダー18位タイ。後藤未有はイーブンパー36位タイ。高橋彩華、山内日菜子、穴井詩、神谷そら、上田桃子、小祝さくら、三ヶ島かなは1オーバー48位タイにつけている。

川﨑春花、菅沼菜々、西郷真央、稲見萌寧、吉田優利は2オーバー65位タイと出遅れた。なお、安田祐香、原英莉花は欠場となった。

◆”飛ばし屋有利”も西村優菜に上位進出の可能性、「先輩」の活躍励みに コングニザント・ファウンダーズカップ

◆吉田優利、笑顔のメジャー初制覇 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ最終日

◆穴井詩、一番乗りで今季2勝目 パナソニックオープンレディース最終日

文●河野道久