【ブンデスリーガ】鎌田大地、争奪戦は新展開 ミランが「ポールポジション」も、ナポリ、マルセイユら名門が注視

 

【ブンデスリーガ】鎌田大地、争奪戦は新展開 ミランが「ポールポジション」も、ナポリ、マルセイユら名門が注視
フランクフルトの日本代表MF鎌田大地 (C)Getty Images

サッカー・ドイツ1部のブンデスリーガ、フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地は今季をもって契約満了での退団を発表している。今夏の移籍が注目を集める中、様々なクラブからの注目を集めている。

◆鎌田大地、フランクフルト退団に久保建英らが反応 アトレティコ、バルセロナら争奪戦に発展か

■移籍金ゼロでの獲得が可能な日本代表

移籍金ゼロで獲得できる鎌田は人気銘柄となっており、同じドイツのドルトムント、スペインのバルセロナ、アトレティコ・マドリード、ポルトガルのベンフィカなどが関心を寄せたと伝えられていた。

しかし、ここに来て急接近を見せたとされるのがイタリア勢。現地紙の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は今季33年ぶりにセリエAを制したナポリ、『カルチョメルカート』はミランが関心を寄せたと報道し、かつて元日本代表MF本田圭佑も所属した名門とは年俸4.4億円で合意に達したとも伝えられている。

鎌田への関心はフランスからも寄せられ、現地メディア『Le10Sport』はリーグ・アンのマルセイユが関心を寄せているとし、ミランが現時点で「ポールポジションにいる」と言及しつつ、酒井宏樹や長友佑都もプレーした名門入りの可能性を報じている。

今夏の人気銘柄として様々なクラブからの関心が伝えられる鎌田。26歳の日本代表司令塔がどのような決断を下すのか注目が集まる。

◆鎌田大地、争奪戦にシティ、リバプール、PSG参戦か 地元紙は契約延長困難と示唆「別々の道を歩む」

◆久保建英、古巣レアル・マドリードが復帰を検討か イマノル監督も活躍ぶりを絶賛「素晴らしいレベルの選手」

◆「魔法のよう」絶妙アシストで3戦連続MOMの久保建英、現地メディアが“最高評価”で激賞!「試合のハイライトだ」

Advertisement


文●SPREAD編集部