Advertisement

【女子ゴルフ】稲見萌寧、好きなコースで変貌・復調あるか ブリヂストンレディスオープン展望

 

【女子ゴルフ】稲見萌寧、好きなコースで変貌・復調あるか ブリヂストンレディスオープン展望
稲見萌寧(C)Getty Images

女子ゴルフの国内第12戦・ブリヂストンレディスオープン(愛知県・中京ゴルフ倶楽部 石野コース / 6573ヤード、パー71)が18日、開幕する。

昨季は最終日16番バンカーからのスーパーイーグルで西郷真央が5勝目を飾った同大会。今季は舞台を中京ゴルフ倶楽部 石野コースに戻し、渋野日向子西村優菜が米ツアーから一時帰国して参戦するなど話題も多い。4日間の長丁場を制するのは果たして誰か。

◆岩井千怜、双子姉妹と昨季女王の巴戦制す RKB×三井松島レディス最終日

■相性では圧倒的に稲見、調子を加味すると福田

コースとの相性だけでいえば、圧倒的に稲見萌寧の分がいい。2021年大会の初日に13バーディ、2ボギーの61、当時の18ホール最少ストロークをマークし、大差で逃げ切ったのは記憶に新しい。19年も3位タイで、本人も「好きなコース」と明言しているほどだ。

ただし現在、自己ワーストの4試合連続予選落ちと調子が上がっていない。ホステスプロとして臨む大会、好きなコースで一変を期待しつつ見守りたい。米ツアー帰りの西村、昨季女王・山下美夢有との注目組で、10番から7時30分スタートとなる。

調子と相性を加味すると浮上してくるのが福田真未、大里桃子だ。福田は16年以降で見ると予選落ちは1回のみ。21年4位タイ、17年13位タイ、16年5位タイとコンスタントに上位争いをしている。

今季はアイアンショットが好調でパーオン率も上昇。パッティングコーチもつけてパットのバランスも良くなっている。前週、地元での戦いに敗れたが、復活優勝は近そうだ。藤田さいき、山内日菜子とのペアリングで、10番から7時50分ティーオフする。

大里は21年2位、 19年26位タイ、18年17位タイ、アマチュアで出場した17年も13位タイと、この大会で予選落ちしたことがない。今季前半は苦しんだが、前週18位タイという成績以上に、ショットとパットがかみ合い、本来の姿に戻りつつある。原英莉花、菊地絵理香との組み合わせで、1番から11時15分にスタートする。

もちろん、前週、首位争いを繰り広げた岩井姉妹、山下、青木瀬令奈ら今季優勝組も手ごわい存在となるだろう。大崩れしない安定感ある戦いで、常に優勝を狙ってくる勢いを感じる。4日間大会の最後に誰が来るのか、今週も注目したい。

Advertisement


■有力選手のペアリング

なお、有力選手の主なペアリングは以下の通り。

10番スタート / 7:00 / 川﨑春花、岩井明愛、渡邉彩香
10番スタート / 7:10 / 馬場咲希(アマチュア)、金田久美子、岩井千怜
10番スタート / 7:20 / 神谷そら、野澤真央、穴井詩
10番スタート / 7:30 / 稲見萌寧、西村優菜、山下美夢有
10番スタート / 7:40 / 渋野日向子、吉田優利、西郷真央
10番スタート / 7:50 / 藤田さいき、山内日菜子、福田真未
1番スタート / 11:15 / 原英莉花、大里桃子、菊地絵理香
1番スタート / 11:25 / 小祝さくら、堀琴音、三ヶ島かな
1番スタート / 11:35 / 濱田茉優、青木瀬令奈、上田桃子
1番スタート / 11:45 / 高橋彩華、鈴木愛、菅沼菜々

◆吉田優利、笑顔のメジャー初制覇 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ最終日

◆“飛ばなくても強い”古江彩佳の秘訣 データから見えた崩れないゴルフの奥深さ

◆ルーキー神谷そら、ツアー8戦目で歓喜の初優勝 フジサンケイレディスクラシック最終日

文●河野道久