【MLB】千賀滉大、圧巻メジャー自己最多12奪三振 「火が点いた」と分析家も絶賛

 

【MLB】千賀滉大、圧巻メジャー自己最多12奪三振 「火が点いた」と分析家も絶賛
ニューヨーク・メッツの千賀滉大(C)ロイター/USA TODAY Sports

ニューヨーク・メッツ千賀滉大は17日(日本時間18日)、本拠地シティ・フィールドでタンパベイ・レイズ戦に先発登板。6回1失点で12奪三振と圧巻の投球を披露、ニューヨーカーを大いにわかせた。

試合は千賀がマウンドを譲るまでメッツが完封されていたため、5勝目はお預けとなった。

◆【実際の映像】まさに「火が点いた」千賀滉大の圧巻奪三振劇

■4回までに10奪三振

千賀は初回、先頭打者を三振としたものの1死二塁の場面を招く。それでも後続をレフト・ライナー、そして三振に打ち取りピンチの芽を摘んだ。

2回は先頭打者にヒットを許したものの3者連続三振に切って取った。3回も2奪三振。4回は1死から2つの二塁打を許し1点を失ったものの、またも連続三振を奪い最少失点とした。

5回は奪三振こそなかったものの、危なげなく三者凡退。6回にも2つの三振を奪い、ここでマウンドを譲った。

この投球には「ピッチング・ニンジャ」こと投球分析家のロブ・フリードマン氏も「千賀に火が点いた」と圧巻の投球を称賛した。

試合は2-5と敗色濃厚の9回裏、メッツが同点に追いつき、10回にサヨナラ勝ちをおさめた。

千賀は6回を投げ12奪三振の1失点、被安打3、与四球3とファンの期待に応える投球を見せ、防御率も3.77とした。

Advertisement


◆【実際の映像】千賀滉大の炎のストレートとお化けフォークとの落差を見よ

◆鈴木誠也が日本人メジャー初・3打席連続本塁打 4号、5号と“ムーンショット連発”

◆千賀滉大、「3球で終わる」と自信もお化けフォークの敵は“寒さ”か さらに「むちゃくちゃ楽しい」と満面の笑み

文●SPREAD編集部