Advertisement

【MLB】大谷翔平 vs. 吉田正尚、侍ジャパン対決最終戦は“トラウタニ弾”12号そろい踏みでエ軍4連勝

 

【MLB】大谷翔平 vs. 吉田正尚、侍ジャパン対決最終戦は“トラウタニ弾”12号そろい踏みでエ軍4連勝
大谷に続けて12号を放ったマイク・トラウト(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は24日(日本時間25日)、本拠地で行われたボストン・レッドソックス戦に「3番DH」で先発出場。3回に今季12号ソロを放ち4打数1安打1打点でエンゼルスの勝利に貢献した。

◆【実際の映像】大谷翔平、4試合ぶりの特大12号に本拠地は大盛り上がり 観客総立ち&大歓声のなかダイヤモンド一周

■トラウタニが今季12号そろい踏み

3連勝中のエンゼルスが、“トラウタニ”の12号アベック弾など4本塁打が飛び出した乱打戦を制した。

大谷は3回1死走者なしで迎えた第2打席、相手先発ジェームズ・パクストンの2球目高めのカットボールを振りぬくと打球は大きな放物線を描いて左中間スタンドへ。4試合ぶりの一発は飛距離398フィート(約121メートル)、打球速度105.7マイル(約170キロ)、打球角度30度の特大弾だった。

大谷はこの一打でホームラン王争いで首位を行くニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ、テキサス・レンジャーズのアドリス・ガルシアに2本差と迫った。大谷はこの日、4打数1安打1打点で打率.280。

さらに4回、2死一塁で迎えたマイク・トラウトの第3打席、今季12号2ランが飛び出しレッドソックスとの点差をさらに広げた。大谷との“トラウタニ弾”は18日(同19日)のボルチモア・オリオールズ戦以来、今季4度目、通算26度目。

レッドソックスの吉田正尚は4回の第2打席にセンター方向への二塁打を放ち4打数1安打1得点をマーク、打率.299とした。

試合はエンゼルスが7-3で勝利、レッドソックス戦を全勝で終え、チーム4連勝。貯金を5とした。一方、レッドソックスは最下位に転落した。

◆【実際の映像】大谷翔平、4試合ぶりの特大12号に本拠地大盛り上がり 観客総立ち&大歓声のなかダイヤモンド一周

Advertisement


◆大谷翔平、“侍ジャパン対決”を制す4試合ぶり今季12号 左中間への特大アーチでキングに2本差

◆大谷翔平の相棒トラウト、ヤンキースの“伝説的打者”に並ぶメモリアル弾「この記録は大きな意味がある」

文●SPREAD編集部