【動画】浅田真央が特製シューズに驚き「世界で初めてのものなんじゃないかと…」

2017年春に選手を引退し、現在はプロスケーターとして活躍する浅田真央さんが、スキンケア製品を扱うアルソアの新製品発表会に出席。プロになってからメイクをする頻度が多くなったことなど、さまざまな近況を報告した。

この日は化粧品のPVでも着用したブルーのドレスで登場。「化粧品の清潔なお水のようなイメージがして素敵なドレスだなと思いました」とお気に入りの様子だ。

「ブルーのドレスで踊ることはなかなかなかったので、素敵な映像に仕上げてくれてとてもうれしいです」

PV収録時にはトランポリンが用意され、その上で何度もジャンプしてふわりと舞い上がるシーンを撮影したとのこと。

「選手の時には自宅にもトランポリンがあって、そこで何度も何度も練習したので懐かしいなあと思いました」とは言うものの、「ドレスはふんわりするんですけど、私の表情が“頑張るぞー”になってしまうので、そこはふわりとしたやわらかな表情になるように心がけました」と打ち明ける場面もあった。

浅田真央流・スキンケアの秘訣

プロ転向後は、これまで応援してくれた全国のファンに感謝の意を伝えるため、「浅田真央サンクスツアー」を開催。「ホントにあっという間ですね」と多忙な日々を送る。

現役時代からプロになった今でも、練習は毎日欠かさない。継続のモチベーションは気分を上げていくことだ。

「そのために音楽を聴いたりしています。そしておいしいごはんを食べて、お肌にもいい栄養をしっかり取って……」

 

View this post on Instagram

 

Numero 発売中です。 @numerotokyo #numerotokyo #chloe

浅田真央 Mao Asadaさん(@maoasada2509)がシェアした投稿 –

毎日スキンケアをして、肌をきれいに保つというのも気分を上げるためのひとつの方法だという。トラブルがあると自分としてもちょっと気になってしまうからだ。浅田さんは、すでに脚光を浴びていた16歳のときからアルソアスキンケア製品を愛用していたという。

「できるだけ汗をしっかりかくこと。顔から汗を出してから、それをしっかり洗って、最後にスキンケア。肌の輝きが増すと思います。加湿器をかけたりしながら、冬場の乾燥しやすい時期を乗り切っています」

選手時代は試合の数よりも練習のほうが多かった。その練習時はメイクをしていないのは当然。引退してプロになってからはショーの回数が練習よりも多くなり、メイクをする回数が増えた。

「しっかり汗をかいて、帰ったらきれいに洗って、スキンケアをするように心がけるようになりました」

世界初?のシューズに満面の笑み

今回の発表会では、“レディー・ガガさんの靴を手がけたアーティスト”舘鼻則孝氏が、浅田さんのために世界で唯一のスケートシューズを装飾。これが浅田さんにプレゼントされた。

これには浅田さんもビックリで、「革でできたスケートシューズカバーってまだ一度も見たことがないので、世界で初めてのものなんじゃないかと思いますと笑顔が大きくなる。

「私服と合わせてもかっこよさそう。着物に似合いそうですね。ショーの演目の中に『蝶々夫人』があって、そのときに似合うかなと思いました。こんな貴重なものを作っていただいたので、大切にしていきたいと思います」

「これで新しいアイスショーのプログラムができあがったら素敵だなあと思っています」とプレゼンターであるアルソアの滝口玲子社長も喜んでいた。

2019年11月には、水と女性の永遠の輝きをテーマに「アルソア・ウィズ真央アイスパーティー」が開催される。

「たくさんの人がエールを送ってくれています。最高のショーをみなさんにお届けできるように頑張って練習したいと思います」

≪関連記事≫

浅田真央が2019年のサンクスツアーを語る…倍以上の公演予定数も「無事に滑りきる」

【動画】浅田真央、六本木の屋外でスケート披露…国内では初めての環境に「新鮮な気分」

浅田真央、年末は20袋分の洋服断捨離?…「幼馴染」無良崇人と互いの印象を明かし合う

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします