女子バスケ・大神雄子が「大きな後輩」渡嘉敷来夢と2ショット!引退後もバスケ界を盛り上げていく”パイオニア”

元女子バスケットボール選手の大神雄子さんがインスタグラムを更新して、後輩の渡嘉敷来夢選手との2ショットを披露した。

大神さんは渡嘉敷選手を「#大きな後輩」と呼ぶ。事前のLINEでは様々なことについて話し合う計画だったそうだが、「でも、結局…ほぼバスケットの話」になってしまったようだ。

「熱く語る後輩みてるとこっちも燃えるぜっ」

大神さんと渡嘉敷選手の2ショットには、「最高の2ショットです」「先輩後輩だけど、凄く素敵な関係ですね」「大好きなお2人ショットで凄く嬉しいです」などのコメントが寄せられている。

今後もバスケを盛り上げる女子バスケのパイオニア

大神さんは子供のころ住んでいたロサンゼルスで、地元のレイカーズに憧れバスケットを始めた。

高校女子バスケの名門と知られる桜花学園に進学すると、最大九冠のチャンスがある高校バスケで七冠を達成。日本代表としてもU-18に選出されてから長く中心選手を務めた。

2007年には日本の女子選手として初のプロ契約を締結するなど、常に女子バスケットボール界を引っ張る存在でもあった。

2017-18シーズンを最後に現役は引退したが、様々な形でバスケットボールに関わる方々とバスケット会を開くなど、今後も競技を盛り上げるため積極的に活動していく。

バスケット会🏀 『バスケット』について色々な分野の方が集まりさまざまな観点からアプローチする会。 ずっとバスケットしてる人だから思うこと。 全くバスケットと無縁な方だから思うこと。 栄養、解剖学、テクノロジー、アメフト学、、、 本当に🤔って考えさせられました。 こういうセミナー開いてほしいです😲 そして卒業祝いをしてくださいましたーっ☺️ ありがとうございました‼︎ この自分で自分を食べるこの気持ち… 2倍のパワーチャージになりました🔥笑 そしてJが持ってるこのカレー。 大きさわかってもらえますか? Jが持ってるとあまりわからない、、、🙄笑ポーズは決まってるよ😏笑 #バスケットボール #色々語る会 #こうして分野が違っても真剣に考える会 #声かけていただき #ありがとうございました #モチベーション #🔥 #thisislife #人生は冒険だ #alliswell #🤝

A post shared by 大神です。 (@shin___01) on

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします