【今週の決戦】8月“好調”ベテランがAクラス浮上の起爆剤 「西武・中村剛也 vs. 楽天・阿部寿樹」

 

【今週の決戦】8月“好調”ベテランがAクラス浮上の起爆剤 「西武・中村剛也 vs. 楽天・阿部寿樹」

15日から、ベルーナドームで埼玉西武ライオンズ東北楽天ゴールデンイーグルスの3連戦が行われる。

西武は借金「10」のパ・リーグ5位、楽天は借金「4」の4位。今季の対戦成績では西武が9勝7敗1分けと一歩リード、お互いAクラス入りの挑戦権をかけた“負けられない”戦いになる。

◆【今週の決戦】Bクラスからの大型連勝へ、浮上の鍵握るのは“3番打者”の爆発か 「中日・細川成也 vs. 巨人・坂本勇人」

■巻き返しに欠かせないキーマン

西武の注目は、プロ22年目のスラッガー中村剛也だ。

今季は開幕から絶好調も6月に調子を落とし、脇腹の張りや体調不良で2度の2軍降格。今季出場58試合で打率.286、11本塁打、28打点。8月4日に1軍復帰を果たすと、6試合出場で打率.304(23打数7安打)、2本塁打、5打点の好成績をマーク。第1戦が行われる15日は自身40回目の誕生日。多くのファンが“バースデーアーチ”を期待している。

一方、楽天の注目は阿部寿樹だ。

トレードで加入した33歳は今季、ここまで中村と同じく2度の登録抹消があった中で43試合に出場して打率.270、2本塁打、13打点。7月13日の1軍昇格以降は好調を維持し、出場9試合で月間打率.304。8月に入っても7試合で打率.636(22打数14 安打)、現在5試合連続マルチ安打中と大当たりだ。

ともにBクラスだが、3位の福岡ソフトバンクホークスとは楽天が3ゲーム差、西武も6ゲーム差と、まだまだ逆転可能な位置にいる。「中村vs.阿部」、好調なベテランのバットが巻き返しの起爆剤となるか。

◆細川成也と大竹耕太郎は“大化け” 伸び悩む選手のため球界で求められる「成功事例」の共有

Advertisement


◆40歳迎えた大砲・中村剛也 あと35本に迫る目標500号への〝絶対条件〟

◆首位阪神と12ゲーム差の巨人 08年のような「メークレジェンド」の可能性は?