ビスマルクがビス丸クに!?レジェンドのビフォーアフターにファン驚愕

3月15日、元サッカー日本代表で鹿島アントラーズCROの中田浩二さんがツイッターを更新して、クラブハウスを訪れたレジェンドとの2ショットを披露した。

「今日はレジェンドがクラブハウスに!」と興奮気味に伝える中田さんは、外国人男性と親しげに肩を組み、昔話に花を咲かせて「何年振りだろ?満男やモトの話で盛り上がりました」と再会を喜んだ。

あえて、この男性の名前を書かない中田さんはファンに「誰かわかりますよね?」と問いかける。ファンからは1990年代後半に活躍したビスマルク選手の名前が挙がった。

  • ビスマルク・バフェット・ファリアーですよね
  • ビス、太り過ぎだろ!
  • ビスマルクさん、、、軽くショックだわw
  • ビスマルクですね。しかし随分と顔が丸くなった
  • ビスマルク~~丸くなりましたね

Jリーグを代表するイケメン選手だったビスマルク

ビスマルクさんは1993年にブラジルから来日。当初はライバルのヴェルディ川崎でプレーする選手だったが、1997年に鹿島へ移籍してエースナンバーの背番号10を背負った。

端正な顔立ちで人気も高く、当時のJリーグを代表する選手で、ゴールを決めたあとの“お祈りポーズ”は子供たちが真似をした。

(c)Getty Images

ビスマルクさんは2003年に引退したあと、母国ブラジルに戻り移籍代理人会社を設立。経営者として辣腕を振るっている。

今回はOBとして鹿島のクラブハウスを訪問し、日曜日の試合に向けて練習する選手たちを見守ったが、久しぶりにビスマルクさんの姿を見たファンは、体重が大幅に増え一回り大きくなった様子に驚いたようだ。

≪関連記事≫

引退発表の小笠原満男ってどんな人?後輩に慕われる鹿島の象徴

小笠原満男が引退…中村憲剛、岩政大樹らがありのままの思いを吐露

ジーコが鹿島アントラーズを訪問!クラブの礎を築いたレジェンドの功績を振り返る

元ブラジルサッカー代表、フランサが日本サッカーに対して思うこと

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします