狩野舞子、八王子実践時代の後輩・石井里沙と再会

3月18日、元バレーボール選手の狩野舞子さんが自身のインスタグラムを更新。

八王子実践時代の後輩にあたる、元バレーボール選手の石井里沙さんと再会した際の写真をアップした。

狩野さんは、埼玉県深谷市で行われたVリーグのファイナルステージに仕事で訪れていた様子。その会場にて八王子実践時代の後輩にあたる石井さんと再会を果たしたようで、今回はその際の写真をアップしている。

石井さんは2018年5月に所属していたデンソー・エアリービーズを退団し、現役を引退。その後はバレーに関連する仕事は特にしていない。

名門の先輩・後輩のツーショットに、ファンからも「素敵な2ショットですね!!」「お二人とも、綺麗です」「先輩後輩の関係以上の仲の良さを感じる、良いショット」とのコメントが寄せられた。

長きに渡る先輩後輩関係

石井さんは、八王子実践時代の狩野さんの2つ下の後輩にあたる。

中高一貫校である八王子実践。2人とも中学生時代からこの学校に通い、中・高と長年に渡り先輩後輩としてプレーした仲である。

プロになってからは同じチームに在籍したことはないものの、長きに渡り親交があるようだ。

また今回の投稿であるが、2人の関係性が上下関係のない親しい仲であることが伺えるものとなっている。

石井さんからは「写真撮れて嬉しかったです〜!ありがとうございましたっ」とコメントがあったものの、狩野さんは「嬉しかった〜ってのが表情に現れてない…笑」と返答。

狩野さんの投稿には「唯一私の事をちゃんと先輩だと思ってくれてる(と信じてる)後輩です笑」とあったものの……。

狩野さんが後輩からもいじられる、愛される先輩であることが伺える投稿となっていた。

≪関連記事≫

どうした!?狩野舞子、DAZNオフィスで再び奇行披露

狩野舞子が語る“米津玄師「Lemon」との衝撃的すぎる出会い”

狩野舞子が“キャプテン・マーベル風”に変身!抜群のスタイルで違和感なし

「狙われてるのは私だった」狩野舞子の写真撮影を意外な人物が隠し撮り

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします