イチローの引退試合は「詩のように素晴らしい」終わり方…奇跡的な偶然の一致

3月21日、シアトル・マリナーズのイチロー選手が引退を表明し、東京ドームで現役最後の試合に出場した。

View this post on Instagram

Bigger than baseball.

A post shared by Seattle Mariners (@mariners) on

日本で数々のタイトルを獲得した後アメリカに渡り、2001年からはシアトル・マリナーズでプレー。アメリカで迎えた19シーズン目は、気づけば日本でプレーした9シーズンを遥かに上回る年数になった。

メジャーリーグでも3000本以上の安打を放ち、将来の殿堂入りが確実視されるイチロー選手だが、そのデビュー戦と引退試合について「詩のように素晴らしい」瞬間だとの声があがっている。

イチローのデビュー戦と引退試合は同じ相手に同じスコアで勝利

イチロー選手のメジャーデビュー戦は、2001年4月2日に行われたオークランド・アスレチックス戦。この試合はマリナーズが5-4で勝利し、イチロー選手も5打数2安打の成績を残している。

18年後の引退試合も相手はアスレチックス。東京ドームでの試合は、またしてもマリナーズが5-4で勝利した。

物事が始まったように終わる。その不思議な一致に多くのファンが驚き、素敵な瞬間だねとコメントを残している。

引退試合で元恩師メルビン監督と再会

また、この試合でアスレチックスを率いていたのはボブ・メルビン監督。

メルビン監督は2003年と2004年にマリナーズを指揮した人物で、イチロー選手がメジャー最多シーズン安打記録を塗り替えたときの指揮官でもある。

イチロー選手からメルビン監督のもとに歩み寄り、ガッチリと握手を交わした2人はハグ。労いの言葉だろうか? メルビン監督が耳元でささやくとイチロー選手も感慨深げな表情を浮かべた。


東京ドームの大観衆に見送られユニフォームを脱いだイチロー選手。その去り際も伝説に残る素晴らしいものになった。

≪関連記事≫

メジャーリーグにも年金制度があった!受給資格や金額は?

第一線を退くイチロー、過去の功績や後進に与えた影響を振り返る

「父ちゃん野球辞めていいか?」フクシくんが明かした落合引退時のエピソードにファン衝撃

国吉佑樹、目にシールを貼られてしまい、MLB開幕戦を見られずか…

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします