【MLB】「ど真ん中を振らない」大谷翔平が掴んだ本塁打王 “絶好球必打”で三冠も射程圏内に

 

Advertisement

【MLB】「ど真ん中を振らない」大谷翔平が掴んだ本塁打王 “絶好球必打”で三冠も射程圏内に
ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は、今季打率.304、44本塁打、95打点で自身初の本塁打王を獲得。日本選手ではイチロー以来となる打率3割を達成するなど、力強さに加えて、確実性にも年々磨きをかけている。

ところが、今季の大谷は“あまりど真ん中を振らない”1年だったことが明らかに。公式データを紐解くと意外な一面が見えてくる。

◆「成長の証」が意外なデータに……大谷翔平の“平均タイム”に影響した本塁打パフォーマンス

■“絶好球”のスイング率が過去最低クラス

MLB公式『Baseball Savant』で、大谷の打撃を掘り下げると“ある指標”の変化に気が付く。

Advertisement


「Meatball Swing%」……何やら美味しそうなキーワードに見えるが、端的に言うと“ど真ん中の絶好球を振る割合”が低下しているのだ。今季の大谷は「Meatball Swing%」が73.9%で、メジャー全体平均の76.1%を下回る。大谷は2021年に86.4%、昨季が86.8%をマークしており、12%以上も数字が落ちている。パンデミックでの短縮シーズンを除くと、本塁打王をとった1年がキャリアでもっとも低いというのだから驚きだ。

今季の大谷は際どいコースの見極めが向上し、ボール球コンタクト率が60.2%から51.5%に改善した。“好球必打”に磨きがかかったと言えるが、本当のど真ん中だけは別の話だった模様。昨季苦しんだ外角攻めに対策した結果の「トレードオフ」とも考えられるため、容易に以前の水準に戻せるかは定かではない。

ちなみに、今季のナ・リーグ本塁打王マット・オルソンの「Meatball Swing%」は81.4%。アーロン・ジャッジも79.1%で平均より上。メジャートップは、レギュラーシーズン最終戦まで首位打者争いを演じた、テキサス・レンジャーズコーリー・シーガーが95.9%と群を抜いている。

◆【実際の動画】大谷翔平の30号アーチ、ど真ん中「ミートボール」を捉えた今季メジャー最長特大150M弾はコチラ……!

Advertisement


◆大谷翔平の6年間「世紀の悪球打ち本塁打3選」 粗削り時期にもたらした“とてつもない”一発

◆“負担を減らしたい”大谷翔平の移籍先候補 「最長8万キロ超え」移動距離格差が浮き彫りに

文●有賀博之(SPREAD編集部)

おすすめPR

META POG

Advertisement


Advertisement

  • 【WBC】ジャーニー『セパレイト・ウェイズ』をテーマ曲に使い続けるTBSの英語ボケ 100件のビュー
  • 【センバツ】第95回大会でレフトゴロの珍事 「甲子園で安打」の夢を消し去った“痛恨”の走塁ミス 100件のビュー
  • 【MLB】60本塁打も可能な、大谷翔平の移籍先候補 二刀流に及ぼす本拠地球場のアドバンテージ 100件のビュー