レバンガ北海道・多嶋朝飛、同じく北海道を拠点とする日本ハムの始球式に登場!ワンバン投球も「バウンドパス」

Bリーグ・レバンガ北海道の多嶋朝飛選手が、5月4日のプロ野球で始球式のマウンドに登った。

札幌ドームで行われた日本ハム VS ロッテ戦に登場した多嶋選手は、「素晴らしい経験させてもらいました」と喜んでいる。

ワンバウンドではなくバウンドパス

同じ北海道を本拠地にするレバンガと日本ハム。Bリーグのレギュラーシーズン最終戦を前に、両球団の交流イベントが実現した。

レバンガを代表して登板した多嶋選手は、ユニフォーム姿でキャッチャーミット目がけて投球。ボールはワンバウンドしてホームまで届いた。

この投球に多嶋選手は、「#力尽きて落ちる球 #ワンバンじゃなくてバウンドパス」とハッシュタグを添えている。

大役を果たした多嶋選手には、「朝飛さんかっこよかったです」「始球式でバウンドパスとはさすが」「始球式ナイスピッチングでした」「バウンドパスだったのか!ナイスパス」など、ねぎらいの言葉が寄せられている。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします