キーガン・メッシング、応援中にケツバットされそうになるもギリギリで回避

4月11日、フィギュアスケートカナダ代表のキーガン・メッシング選手がインスタグラムを更新。同日から始まるフィギュアスケート国別対抗戦の様子を公開した。

今回投稿したのは、公式練習が行われた前日に撮影した動画か。応援の練習らしき様子が写っている。

メッシング選手は投稿に寄せて「Got my flag ready for wtt!!!!!(旗ゲットで国別対抗戦の準備ができたぜ!)」とコメント。コメントの通り、応援席でハイテンションにカナダ国旗を振り回していた。

このカナダ国旗、横幅2メートルはあろうかという巨大なもの。動画の中でも、振った旗がクレーンカメラに接触しそうになるシーンが収められている。

そんな扱いづらい旗を元気に振り回すメッシング選手をからかおうと思ったのか、動画の途中からはスタッフらしき人が、ケツバットを仕掛けようとそーっと忍びよる様子も写っていた。

メッシング選手に気づかれないよう、背後から近づく女性スタッフ。手には巨大な星条旗柄のビニールバットが握られている。バットを構えて、いざ……と思った瞬間、 メッシング選手が気配に気づいて振り返ったためにケツバットは未遂に終わった

チームで戦う国別対抗戦では、応援も大事と言われる。このようにワイルドなノリが目立つカナダ応援席は、本番でも大いに盛り上がりパワーを送ることだろう。

メッシング選手自身も投稿に「#teamcanada」のハッシュタグを記載。ファンからも「がんばろう!あなたとチームカナダを応援します!」「私もチームカナダ以上にチームカナダを応援しているぞ!」と非常に熱のこもったコメントが多い。

≪関連記事≫

遅咲きの新星、苦労人キーガン・メッシングってどんな人?

お疲れのキーガン・メッシング、練習後に「パン食べたい…」

メドベージェワはピースで登場!世界選手権の地に出場選手ぞくぞく集結

【謎の会話】松岡修造が紀平梨花から“トリプルアクセルさんへかける言葉”を聞き出す

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします