ネイサン・チェンのおにぎりの認識が独特「三角形っぽい食べ物」

4月11日に開幕したフィギュアスケート国別対抗戦。各国の代表がチームを組み、国別で世界一を目指して熱戦を繰り広げている。

そんな中、同日にフィギュアスケート記者のジャック・ギャラガーさんが自身のツイッターを更新。チーム・アメリカのネイサン・チェン選手についてエピソードを紹介している。

ギャラガーさんによると、チェン選手は10日に行われた公式練習後に記者らからインタビューを受けた模様。その中には日本食についての質問もあったようだ。

これに対し、チェン選手は「 僕はおにぎり……あの三角形ぽいのが好きだ」と回答したとのことである。

この投稿を受け、ファンも反応。「三角形っぽい食べ物」という独特の表現に衝撃を受けたらしいコメントが多く見られた。

ラーメンよりおにぎり

そんなチェン選手だが、3月の世界選手権直後は京都でラーメンを満喫したことを報告済。この時の投稿によると、「thinking about this all week( この1週間これのことを考えてたんだよ)」とのことである。

チェン選手は「この1週間」の最中にあった世界選手権で優勝。スケートのことで頭がいっぱいかと思いきや、かなりラーメンのことも気にかけていたようだ。

ラーメンを日本食にカウントするかどうかは人それぞれ。とはいえ、これほど気にかけたラーメンより先に名前が出てくるあたり、チェン選手の中でおにぎりは相当な存在感があるようだ。

≪関連記事≫

ネイサン・チェンの衣装が「衣装っぽい!」とファンに衝撃走る

圧巻のネイサン・チェン、練習着のようなシンプル衣装に注目が集まる

ペンギン?シャチ?ネイサン・チェンの衣装に注目集まる

これがネイサンの“地元ノリ”!?心臓模型を持って「こっちには最高のクラブがあるぜ」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします