内川聖一、2,000本安打達成したのに無視される?しかしホークス選手達もニヤニヤが抑えられず…

5月9日の試合でキャリア通算2000本安打を達成した、ソフトバンクホークスの内川聖一選手。

大記録を達成してロッカールームに戻ってきた内川選手を待っていたのは、仲間からの静かな祝福だった。

試合後にインスタグラムを更新した福田秀平選手が一部始終を動画で公開している。

「サイレントします」も抑えられないニヤニヤ

「#内川さん2000本安打おめでとうございます」のハッシュタグを添えて投稿された動画で福田選手は、ソワソワと落ち着かない様子で内川選手の登場を待っている。

カメラに向かって小さな声で「ウチさん来ます」と内川選手の登場を予告し、「サイレントします」とサイレントトリートメント(※)で出迎える準備をした。
※最初はよそよそしい態度を取り、のちに激しい祝福を行うというもの

そこへ現れた内川選手は、まず自分のロッカー前で椅子に腰掛けると、おもむろに立ち上がり周囲の選手たちに「ありがとう」と言いながら握手を求めていく。

当然のようにスルーされる内川選手だが、まったく気にした様子もなくロッカールーム内を一周する。

顔の前にスマートフォンを構えることで、笑っているのを必死に隠そうとしている選手がいるのも微笑ましい。

最後は「おめでとう」の嵐

そろそろ一周し終えるころに川島慶三選手が、「そういえばウチさん2000本打ったね」と声を発し、それを合図とするように選手たちが一斉に盛り上がる。

5月1日の試合で内川選手が今シーズン第2号ソロを放ったときも、ベンチでサイレントトリートメントを首謀したのは川島選手だった。

最後は内川選手を囲んで「おめでとう」の嵐で動画は終わる。

選手たちが見せた集団芸にファンからは、「いいチームですね!」「素敵な仲間達だな~」「内川選手おめでとうございます。福田選手の笑顔可愛すぎます」「選手愛感じる!晃くんと健太くん笑ってるところかわいすぎ」「みんなのニヤニヤがたまりません」などのコメントが寄せられている。

#内川さん2000本安打おめでとうございます。

A post shared by 福田秀平 (@fukudashuhei37) on

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします