Advertisement

【MLB】大谷翔平は「ハムストリングの治療を行っていた」 ロバーツ監督が違和感の正体を明かす、気になる今後は……

 

Y.Imoto/SPREAD編集部

大谷翔平(
大谷翔平(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地でのレッズ戦に「2番DH」で出場。6回の第3打席に三塁打を放ち、4打数1安打の成績だった。

◆大谷翔平、太ももの負傷公表も「欠場するほど深刻ではない」 懸念は制限かかる走塁面「盗塁数に影響を与える」

■三塁打時の走塁に違和感

大谷は6回走者なしで迎えた第3打席、相手先発ハンター・グリーン投手の3球目のスプリットを捉えると、一塁線を転がった打球が右翼へ。大谷は二塁を回り三塁へ到達した。

大谷は悠々と三塁に進んだが、心配されたのが走塁時のいつもと違う仕草。違和感を抱えている様子が心配されていた。

『ロサンゼルス・タイムズ』のジャック・ハリス記者は自身のX(旧ツイッター)を更新し、「デーブ・ロバーツはショウヘイ・オオタニが先週、ハムストリングの打撲の治療を行っていた」と指揮官のコメントを公開。

大谷の三塁打の際の違和感を認めながらも「それは大したことではないと言った」とつづり、軽症であることを明かした。

大谷はこの日三塁打以外は3三振といいところがなく終わり、チームも4連敗を喫した。今後の状態が心配されるが、翌日の出番はあるのだろうか。

◆ベッツが語った“投手大谷翔平”への期待「国民の休日のよう」 地元メディアも復活に太鼓判「エースになるだろう」

◆【速報/動画あり】「オオタニの最も楽々なスリーベース」大谷翔平、2三振の不安払拭の164キロ三塁打 一塁線抜いた打球にド軍メディアも注目

Advertisement


◆【画像アリ】大谷翔平は「あご髭を生やす友人を尊敬」 ド軍同僚と見せる微笑ましい光景に地元メディアが脚光