Advertisement

【MLB】今季3勝目の菊池雄星、メジャー通算700奪三振を達成 「まるで弾丸」「電光石火で衝撃的」と速球に称賛集まる

【MLB】今季3勝目の菊池雄星、メジャー通算700奪三振を達成 「まるで弾丸」「電光石火で衝撃的」と速球に称賛集まる
ブルージェイズ・菊池雄星(C)ロイター

ブルージェイズ菊池雄星投手が6日(日本時間7日)、本拠地でのオリオールズ戦に先発登板。6回4安打1失点で今季3勝目(5敗)を挙げた。防御率は3.48。試合は6-5でブルージェイズが競り勝った。

◆【実際の動画】切れ味抜群!菊池雄星が“キレキレ”のカーブで通算700奪三振達成!記念ボールもしっかり回収

■球団公式Xも日本語で「おめでとう」

菊池は初回、2死二、三塁のピンチを招いたが、後続を打ち取り無失点で切り抜けた。2回以降は安定した投球を披露。3回には先頭コルトン・カウザー外野手を空振り三振に仕留め、メジャー通算700奪三振を達成した。

この快挙に球団公式X(旧ツイッター)は、日本語で「MLB通算700奪三振おめでとう御座います!」とつづり、実際の映像とともに投稿した。

6回1死からアドリー・ラッチマン捕手にソロ本塁打を浴びたものの、6回89球を投げて4安打1失点。6奪三振1四球でまとめ、4月22日のロイヤルズ戦以来となる3勝目を挙げた。

菊池は試合後、「勝つのは久しぶり。だから、今日はチームメートと一緒に(祝勝の)ウイスキーを楽しむことができて、うれしかった」とコメント。今季は登板した試合で勝つと、同僚にウイスキーをふるまっているため、約1カ月半ぶりの美酒に笑顔を見せた。

■依然最下位も「あきらめていない」

この日は最速98.1マイル(約157.9キロ)のストレートとチェンジアップが冴えた菊池。ジョン・シュナイダー監督は「電光石火の速球が衝撃的だった。今日は調子が良かった。彼はうまく相手を揺さぶり、多くの空振りを取っていた」と高評価。敵将ブランドン・ハイドも「最高のパフォーマンスだったと思う。彼はいつも良いが、今回は97、98マイルの弾丸のような速球に加えて、非常に良いブレーキングボールとチェンジアップがあった。本当に打つのが難しかった。だから、彼の投球を称賛する。素晴らしい投球だったと思う」と素直に脱帽した。

同じア・リーグ東地区のオリオールズ相手に連勝したブルージェイズだが、依然最下位に沈んでいる。菊池は「我々は望んでいる位置にいるわけではない。みんな本当に一生懸命にプレーしており、(ポストシーズン進出を)あきらめていない。クラブハウスの雰囲気も良い。残り約100試合もある。シーズンは長いので、この勢いを続けて勝ち進んでいけることを願っている」と話した。

◆【実際の動画】切れ味抜群!菊池雄星が“キレキレ”のカーブで通算700奪三振達成!記念ボールもしっかり回収

Advertisement


◆今夏トレード市場で菊池雄星の争奪戦が勃発か 「ブルージェイズで最も移籍する可能性が高い選手」と米メディア

◆「このチームは長くもたない」ブルージェイズ右腕が吐露 ライバル球団幹部はゲレーロJr.の移籍について「可能性はある」と断言