【MLB】ドジャース、投手陣ランキングで6位に後退 投手12人が負傷者リスト入りの異常事態……「今後大きな補強を行う必要がある」

【MLB】ドジャース、投手陣ランキングで6位に後退 投手12人が負傷者リスト入りの異常事態……「今後大きな補強を行う必要がある」
ドジャース・山本由伸(C)Getty Images

米スポーツメディア『ブリーチャー・レポート』は19日(日本時間20日)、「30球団の投手陣ランキング」という見出しを掲げ、記事を公開した。現時点で投手陣を評価し、ランキング化した。大谷翔平投手、山本由伸投手が所属するドジャースは6位に入ったが、これまではベスト5以内が常連だったため、負傷者続出が響いたものと思われる。

◆大谷翔平、殿堂入り外野手に並ぶ「42本&19盗塁&8三塁打」 米データ会社が注目、ド軍1年目で記録更新も射程圏内

■山本由伸に続きビューラーも離脱

ドジャースのチーム防御率は3.40で全体4位。悪くない数字だが、『ブリーチャー・レポート』は、今回発表の「投手陣ランキング」で全体6位とした。

同メディアは「もともとクレイトン・カーショーやダスティン・メイが離脱している上に、先日はヨシノブ・ヤマモトも右肩腱板の損傷で負傷者リスト(IL)入りした」と現状を説明。さらに同日にはウォーカー・ビューラー投手も右股関節炎症のため負傷者リスト(IL)入り。これで現在IL入りしている14人のうち12人が投手という異常事態に見舞われている。

これまでドジャースは同ランキングでトップ5以内を維持していたが、こうした状況を受けて順位を下げざるを得なかったようだ。

記事は「タイラー・グラスノーはこのまま持ちこたえることができるのか? カーショーは戻って来ても力を発揮できるのか? このローテーションの能力は非常に高いが、健康状態については疑問符が多過ぎる。このため、これ以上の成績アップは望めないだろう」とした。その上で「アンドリュー・フリードマン編成本部長は、今後大きな補強を行う必要があるだろう」と今後の見通しを記した。

■ランドン・ナックがローテ入りか

山本、ビューラーが抜けたため、ドジャースは先発ローテを組むのに四苦八苦。グラスノー、ジェームズ・パクストン、ボビー・ミラー、ギャビン・ストーンに加え、今季4試合に先発しているランドン・ナックのローテ入りや、ブルペンデーの採用も検討することになる。

米複数メディアの話をまとめると、ドジャースがトレード市場で狙う投手候補としては、ホワイトソックスのギャレット・クロシェ、マイケル・コペック、マーリンズのクローザー、タナー・スコットの名前が挙がっているという。

投手陣に離脱者が多数出ているため、予想されていた外野手や遊撃手の補強は優先順位が下がり、メインターゲットは投手に移行していく可能性がある。トレード期限は7月末。今夏が補強のラストチャンスとなるため、球団が大きな取引に臨んだとしても不思議ではない。

Advertisement


◆大谷翔平、殿堂入り外野手に並ぶ「42本&19盗塁&8三塁打」 米データ会社が注目、ド軍1年目で記録更新も射程圏内

◆「ドジャースはベッツ、山本由伸の負傷離脱をどう乗り越えるか」公式サイトが分析 補強候補ビシェット、アダメスの獲得は……

◆ドジャース、トレードで強打の外野手獲得か ターゲットは大谷翔平と本塁打王を争った26歳 米メディアが補強予想