フェルナンド・トーレス、引退で見えた日本への愛

6月21日、元スペイン代表でサガン鳥栖に所属するフェルナンド・トーレス選手が現役引退を表明した。

自身のツイッターでも現役引退について言及しており、8月23日に行われるヴィッセル神戸戦をラストマッチにすることも明かしている。

ヴィッセル神戸にはアンドレス・イニエスタ選手やダビド・ビジャ選手が在籍しているということもあり、長年一緒にプレーしてきた戦友たちとの1戦をラストマッチとして選んだようだ。

トーレス選手とイニエスタ選手は15歳の頃からの盟友であることでも知られている。また、ビジャ選手とはスペイン代表で長らくコンビを組んできた間柄である。

スター選手の引退を受け、世界中のファンから感謝をはじめ、引退を惜しむ声など 様々なリアクションが見られた。

トーレスの日本への愛

引退表明に伴い、垣間見えてきたのがトーレス選手の日本への愛だ。

多くのファンが注目していた引退後の活動であったが、23日に行われた引退会見にて、アドバイザーとして今後もサガン鳥栖に残る意思を明かしたのだ。

クラブを離れるつもりはない。アドバイザーとして残って、サガン鳥栖、日本のサッカーを世界に広げていくことに力を入れたい

日本でのプレーや生活に満足していることは明かしていたが、チームや日本サッカー界に対しても、特別な思いを持っていることが明らかとなった。

このトーレス選手の発言は、多くの日本のサッカーファンの心にも響いたようだ。

トーレス選手は、過去に世界トップクラスのチームであるアトレティコ・マドリード、リバプール、チェルシー、ACミランなどに所属。2010年の南アフリカW杯ではスペインで優勝を経験している。

そんなスター選手が秘めていたサガン鳥栖や日本への愛に、心を打たれない日本のサッカーファンはいないだろう。

フェルナンド・トーレス選手というビッグスターが日本サッカー界の発展に大きく貢献してくれることに期待したい。

《関連記事》

フェルナンド・トーレス、横綱・白鵬とランチ「刺激的な話をした」

フェルナンド・トーレス「いずれは侍にならねばと思っていた」…イケメンすぎる姿にファン大興奮

トーレスがイニエスタとの2ショットを公開…15歳から共に戦ってきた盟友

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします