鈴木亜由子が厳しい展開でも掴んだ東京五輪 「あそこで着いていったら今日の結果はなかった」

2020東京五輪のマラソン日本代表を選考するマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が、9月15日に明治神宮外苑いちょう並木を発着とする42.195kmで開催。

女子は天満屋の前田穂南選手(23)が2時間25分15秒で優勝。2位は日本郵政グループの鈴木亜由子選手(27)が2時間29秒02で続き、両選手が東京五輪マラソン代表の切符をつかんだ

鈴木亜由子選手(左)と前田穂南選手(右)が五輪代表に 撮影=山口和幸

天満屋の小原怜選手(29)は2位の鈴木選手に4秒届かず3位。今後の指定3大会で設定タイムを突破した選手がいなければ小原選手が代表になる。

「マラソンって脚が動かなくなるんだ」

「2位を確保できてホッとしたけれど、後半はかなり苦しいレースになってしまいました」

レースを終えた鈴木選手は、こう語った。

「これまでにない緊張感を覚えて、2回目のマラソンでその怖さを知りました。初マラソンは前半がゆっくりだっただけに後半はペースアップできましたが、今回は終盤に脚が動かなくなり、マラソンって脚が動かなくなるんだと初めて思いました

ケガをすることなく継続して練習できたことが成績につながったというが、「練習の質はもっと上げていけるはずなので、レベルをもっと高めてオリンピックではしっかりと走れるようにしたいです」と反省の弁。

鈴木選手はキツくなると口角が上がる特徴がある。そのため仲間は「鈴木選手が笑っているときは苦しいとき」とよく知っている。

多くの人からは笑顔の走りに見えたかもしれないが、ゴール後の記者会見では後半は相当厳しい走りを余儀なくされていたと告白した。

鈴木亜由子選手が背後に迫る小原怜選手を振り切った 撮影=山口和幸

「あそこで着いていったら今日の2位はなかった」

前田選手に20km過ぎに離されたときは、自分の感覚としてきつさがあり、鈴木選手は「今着いていくのは厳しい」と判断した。

「あそこで着いていったら今日の2位はなかったと思います。まだまだ力不足でした」

もともとトラック競技出身でスピードのある選手と評されていたが、さらなるスピードへの対応力が求められることを痛感したのが収穫だ。

そして最後は前田選手のチームメートである小原選手に猛追された。残り10kmで30秒差。「これは油断できないな」と思ったが、もう脚が動かなかった。後ろは気になったが、なんとか1歩1歩を刻んだ。最後は4秒差だった。

東京五輪代表に内定したものの、ほろ苦さの残るレースだったという鈴木選手。

「この1年弱で、東京五輪に対応できる準備をしていきたいです」

(c)Getty Images

≪山口和幸≫

≪関連記事≫

前田穂南がMGC優勝 競技以外にブレない“強さ”

中村匠吾がMGC優勝「40kmで仕掛けるのがベストだと判断した」

東京五輪内定の服部勇馬「戸惑いはあったが、集団の中で冷静に」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします