東京五輪内定の服部勇馬「戸惑いはあったが、集団の中で冷静に」

2020東京五輪のマラソン日本代表を選考するマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が、9月15日に明治神宮外苑いちょう並木を発着とする42.195kmで開催。

男子は富士通の中村匠吾選手(26)が2時間11分28秒で優勝し、2位は同36秒でトヨタ自動車の服部勇馬選手(25)となり、両選手が東京五輪の日本代表に内定した。

中村匠吾選手(左)と服部勇馬選手(右)が東京五輪代表に内定した 撮影=山口和幸

日本記録保持者の大迫傑選手(28=ナイキ)は終盤に逃げた中村選手に肩を並べる位置まで猛追。しかし最後は突き放され、3番手で追ってきた服部選手にも逆転されて3位に。

今大会での東京五輪代表の座はつかめなかったが、今後の日程で行われる指定3大会で日本新記録を樹立する選手が現れない場合は、大迫選手が最後の五輪切符を手にする

大迫傑選手はこの時点では東京五輪代表には内定せず 撮影=山口和幸

スタート直後から単独で抜け出したHondaの設楽悠太選手(27)は30km過ぎに失速。37km過ぎに後続の集団に抜き去られ、2時間16分09秒の14位でゴールした。

「最後の最後まであきらめずに走っていました」

大迫選手をラストで追い抜いて2位となった服部選手は、「東京五輪を目指したのは東洋大学の時で、それからいろいろなことを経験して、五輪のスタートラインに立てることになったのが嬉しいです」と安堵の表情を見せた。

「夏のマラソンは初めてだったので、冷静に流れに任せようと思いました。設楽選手が飛び出したので戸惑いはありましたが、集団の中で冷静になるようにつとめていました

「だれも設楽選手を追わず、集団で走った方が力を使わないと思ったので、集団の後方に戻りました」

勝算はあった。勝負は40km過ぎの上り坂。そこで動きたい。上りは箱根の5区で練習を積んできた。距離を重ねるのは得意ではなかったが、自分がイヤだなと思うような練習をあえてやって来たという。

福岡国際マラソンで勝ったことも自信につながり、MGCに向けての練習はそれを踏襲した。

「MGCのコースは週末に東京に遊びに来たときに、部分的な試走をしていました。回数で言うと5回から8回くらいですかね」

国立競技場が工事中のため明治神宮外苑がスタート/ゴールとなった 撮影=山口和幸

「ただ、中村選手に先に行かれて、ゴールまで追いつくことができなかった。でも最後の最後まであきらめずに走っていました

先行した中村選手と大迫選手とは最大で20mの差が開いていたが、最後の上りには自信があった。そして大迫選手が後ろを気にして振り返ったのを見て、追いつくチャンスを感じたという。

妹が作ってくれたお守りには前年に他界した祖母と祖父の写真を入れて走った。

「東京五輪でのメダル獲得はそう簡単ではないので、これまで以上に努力をして1年間しっかり準備して取り組んでいきたいです」

東京五輪代表に内定した4選手。左から鈴木亜由子選手、前田穂南選手、中村匠吾選手、服部勇馬選手 撮影=山口和幸

≪山口和幸≫

≪関連記事≫
服部勇馬の練習法を変えた、逆転の発想とは?…練習量が「勝手に増えた」

マラソン四天王の一角に数えられることになった服部勇馬…設楽悠太、大迫傑の結果を受け感じた焦燥感を乗り越えて

中村匠吾がMGC優勝「40kmで仕掛けるのがベストだと判断した」

前田穂南がMGC優勝 競技以外にブレない“強さ”

鈴木亜由子が厳しい展開でも掴んだ東京五輪 「あそこで着いていったら今日の結果はなかった」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします