鈴木亜由子、マラソン経験2度目で挑んだMGCは「練習通りの結果になった」

9月15日に開催されたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で、2020東京五輪のマラソン日本代表の座を勝ち取った日本郵政グループの鈴木亜由子選手(27)がレース翌日朝に爽やかな表情で記者会見に臨んだ。

鈴木亜由子選手と日本郵政グループ女子陸上部の高橋昌彦監督 撮影=山口和幸

「練習通り」の結果になった

「一夜明けて改めて思ったのは、練習通りの結果になったということです。練習したから2位になれたし、今回の練習でつけた自分の力は2位だったということです」

もともとはトラックの実力選手。2016年のリオ五輪、2017年にロンドンで開催された世界選手権にも出場し、日本の陸上トラック界をけん引してきた。

2018年の北海道マラソンで初めて42.195kmに挑戦。8月開催の大会だったが、暑さに強いところを見せつけて初出場で初優勝した。ちなみに前年の覇者は前田選手だった。

トラック時代はケガに悩まされることも多かったが、それが少なくなった。痛みを感じる前にケアをするように心掛けているからだ。

(c)Getty Images

2位の悔しさと、五輪代表を射止めた安堵感が入り交じる。MGCのコースは前半でスピードが上がりやすく、その走りが後半に関係してくるとコース分析する。

マラソン経験が少ない鈴木選手にとっては、給水もかなり重要なポイントであることが分かった。集団の後方で他選手よりも遅れてドリンクを取っているうちに、前の選手はすでにボトルを捨ててペースを取り戻して走っている。

「給水では常に一歩前に出てドリンクを取ったほうがいいですね」

「マラソンって脚が止まるんだ」と語るほど苦しい戦いをしいられた鈴木亜由子選手 撮影=山口和幸

冬場の経験も意味に

今回はそれほど暑さは感じなかったという。これまで走ったマラソンは北海道とMGCだけで、すべて夏場のマラソンとなるが、次のマラソンが東京五輪となれば夏マラソンの3連戦となる。

「冬はまったく別のレースだと想像しているので、冬場に経験しておくことも意味があると思います」

国立の名古屋大出身という異色の存在。まずはしっかりと休み、世界と戦える実力を備えていきたいと語った。

9月16日付けのスポーツ紙表面を飾った鈴木亜由子選手 撮影=山口和幸

≪山口和幸≫

≪関連記事≫

鈴木亜由子が厳しい展開でも掴んだ東京五輪 「あそこで着いていったら今日の結果はなかった」

中村匠吾、MGC優勝で迎えた誕生日 「恩師が喜んでくれて嬉しかった」

服部勇馬、終始冷静に走ったMGC 地元・新潟の応援も「力に」

前田穂南、MGC優勝から一夜明け会見 序盤から崩さず「ガツガツ行かないように」

中村匠吾がMGC優勝「40kmで仕掛けるのがベストだと判断した」

東京五輪内定の服部勇馬「戸惑いはあったが、集団の中で冷静に」

前田穂南がMGC優勝 競技以外にブレない“強さ”

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします