富樫勇樹、バスケファン待望の『ユウキ対決』実現 「えー!!!!!!!!!」

男子バスケットボール天皇杯2次ラウンドでバスケファン待望の対決が実現することになった。

9月25日に組み合わせが発表され、Bリーグの千葉ジェッツは福岡第一高校との対戦が決定。前年王者・千葉ジェッツと高校バスケ界で圧倒的な強さを誇る福岡第一の激突に注目が集まっている。

高校世代では抜きん出た強さの福岡第一

福岡第一は2018年末の全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)にて、全試合20得点差以上をつける強さで優勝した。今夏のインターハイも決勝で北陸高校に107-59の大差をつけ、3年ぶり3度目の全国制覇を成し遂げた。

対戦した学校も「化け物」「高校生のレベルではない」と印象を口にする福岡第一。

その中心にいるのが高校ナンバーワンガードの呼び声も高い河村勇輝選手だ。一瞬でコートを駆け抜ける高速ドリブルと、相手の目を自分に集中させてから味方に出すパスでディフェンスを切り裂くプレーが特徴。

富樫勇樹との「ユウキ対決」実現に注目

福岡第一に河村選手がいるように、ジェッツには昨季BリーグMVP富樫勇樹選手がいる。

日本代表としても活躍する国内屈指のガードは、この対決が決まるとツイッターを更新。「えー!!!!!!!!!」と声をあげた。

これに対してジェッツ公式ツイッターは「そらそうなるね ゆうき対決実現クル━(゚∀゚)━!」と返信。

川崎ブレイブサンダースの篠山竜青選手も「とりあえず一回コート一周ヨーイドンしてみて。あと背比べ」と返信していた。

≪関連記事≫

富樫勇樹・大塚裕土らがハワイを満喫!アクティブレストを楽しむ

富樫勇樹の童顔に驚き!「子どもフィルター」が仕事していないと話題に

千葉ジェッツ・富樫勇樹、高校生を集中指導「インターハイ優勝目指して頑張って」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします