堀江翔太、強い身体のベースは「オカンに感謝」

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で史上初のベスト8進出を果たした日本代表。激闘を終えた選手たちはそれぞれに大会を振り返っている。

堀江翔太選手は10月21日にインスタグラムを更新。「終わりました」の題で関係者や母・則子さん、ファンへの感謝を綴った

強い身体のベースは母・則子さんに感謝

堀江選手はスクラムの中心選手として全試合に出場。海外選手たちと真っ向からぶつかり合った。そのダメージか投稿では「身体中が痛い。笑」と訴える。

「佐藤さんが四年間、作り上げたこの身体のおかげでなんとか大きな怪我なく、終えることができました!」とトレーナーの佐藤義人さんに感謝。

さらに堀江選手は「まーベースの身体の強さはオカンに感謝やわ。笑」と頑健な肉体を与えてくれた母・則子さんにもお礼を言う。

ラグビー選手・堀江翔太の背中を押した父の存在

堀江選手が父・慎一さんをガンで失ったのは今年3月。心待ちにしていた自国開催のW杯で活躍する堀江選手の勇姿を見ることは叶わなかった。

もともとサッカー少年だった堀江選手にラグビーを勧めたのは、ラグビー観戦が趣味の慎一さんだった。帝京大学卒業後すぐに日本のトップリーグでプレーするか、ニュージーランドに1年間のラグビー留学をするか迷っていたときも、堀江選手の背中を「行ってこい」と押したのは慎一さん。若いうちに本場のラグビーを体験できたことが飛躍に繋がった。

これまで活躍した試合のジャージは慎一さんにプレゼントしてきた。2015年のW杯で南アフリカを破ったときのジャージは、仏壇に飾られているという。史上初のW杯ベスト8入りを果たした今回のジャージも慎一さんに捧げられることだろう。

≪関連記事≫

堀江翔太 vs ジェイミー・ジョセフHC たたいてかぶってジャンケンポンで「世紀の対決」

畠山健介と堀江翔太がそっくり?「#ラグビー界の堀江畠山問題」

トンプソン・ルーク、最後のW杯は「ちょっと寂しい」 福岡堅樹も15人制代表を引退

デクラークがPOMに、攻守にゲームをコントロール ベンチでの姿にも注目集まる

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします