堀江翔太 vs ジェイミー・ジョセフHC たたいてかぶってジャンケンポンで「世紀の対決」

自国開催のラグビーワールドカップ(W杯)で史上初のベスト8進出を決めた日本代表。

10月20日に行われる南アフリカ代表との準々決勝を前に、堀江翔太選手とジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は宿舎でも真剣勝負に臨んだ

16日、日本代表の中村亮土選手がTwitterを更新。堀江選手とジョセフHCが『たたいてかぶってジャンケンポン』を行う動画を掲載した。

堀江翔太とジョセフHCの真剣勝負

『たたいてかぶってジャンケンポン』は、ふたりの間にヘルメットとピコピコハンマーを置いてジャンケンを行い、勝った方がハンマーを手に取って相手の頭を攻撃、負けた方はヘルメットで防御するというゲームだ。先に相手の頭を叩いた方がゲームの勝者になる。

堀江選手とジョセフHCの対決では「最初はグー」からジャンケンが始まる。1手目は『あいこ』だったが、結果を勘違いしたジョセフHCの手が机上のアイテムに伸び、勝負の行方を見守る選手たちからは笑い声が漏れた。

その後はお互いに1回ずつジャンケンを制しハンマーに手を伸ばすが、両者とも攻撃を防いで決着ならず。

力んだジョセフHCの手からハンマーがすっぽ抜けるシーンには、姫野和樹選手も「ジェイミーの叩く勢いやばすぎ」と泣き笑いの絵文字つきでコメントした。

続けて中村選手は「決着」と題した動画も投稿。こちらでは初手のジャンケンで堀江選手が勝利。すかさずハンマーを取りにいった堀江選手に対し、ジョセフHCは反応が遅れ、攻撃を受けてしまった。

両手を挙げて勝利をアピールする堀江選手。一方のジョセフHCは悔しそうに苦笑いしていた。

大一番を前にしても「抜くときは抜く」オンオフの切り替えができている日本代表。明るいチームの雰囲気にファンからも多くのコメントが届いている。

  • 試合とのオンオフがすごすぎて笑いました
  • 皆んなで1つの事に集中して楽しんでやっぱり ONE TEAMですね
  • 一家団欒ですね。ジェイミーの悔しそうな顔(笑)

ジャンケンにも現れる日本代表の強さ

『たたいてかぶってジャンケンポン』について日本代表のサイモン・ジョーンズコーチは、レクリエーションの一環にとどまらず、日本代表の特性をよく表すゲームであると、英国の『デイリー・メール』に語った。

ジョーンズコーチが日本代表を見ていく中で気付いた特性は、その反応速度の速さだったという。

「彼らは手と目を使った日本のクールなゲームをたくさんプレーします。ジャンケンポンというゲームです。負けたらヘルメットを手に取って頭を覆い、対戦相手がプラスチックのボトルで頭をたたきます。彼らがプレーする速度は驚異的です」

≪関連記事≫

リーチ・マイケルがドッキリ 控え目なイタズラ動画に反響

山中亮平、試合後のグラウンドで布巻峻介と 代表入り叶わなかった後輩と喜びを分かち合う

リーチ・マイケル、スコットランド代表ジェイミー・リッチーに模擬刀を贈る 「試合が終わればリスペクトしかない」

稲垣啓太が代表初トライ 試合後は被災地への思い語る「ラグビーで元気を取り戻していただきたい」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします