八村塁、ホーム開幕戦で地元ファンに挨拶「みなさんこんにちは」 アリーナ入りはハロウィン衣装で

NBAワシントン・ウィザーズの八村塁選手が現地10月30日に本拠地開幕戦を迎えた。ホームのファンに初お目見えとなった八村選手は、日本語で「みなさんこんにちは」とスピーチ。

会場に詰めかけた多くの日本人ファンを見渡しながら、「日本人がいっぱいいて僕も嬉しいです。今シーズンもすごい良くなると思うので応援よろしくお願いします」と挨拶した。

ハロウィン衣装で会場入り

会場入りの際には、定番とも言えるスケルトンの全身タイツに身を包み、同じワシントンを本拠地とするMLBワシントン・ナショナルズのキャップと、「HACHIMURA」の名前が入った背番号8のユニフォームを羽織る。

今季ワールドシリーズ初出場を果たしたナショナルズのグッズを取り入れた仮装は、チームメイトのジョン・ウォール選手のアイディアだったそう。

なおナショナルズはこの数時間後にヒューストン・アストロズを4勝3敗で下し、ワールドシリーズ初制覇を達成した。

チームは敗れるも八村は4試合連続の2桁得点

試合では先発で35分31秒のプレータイムを得た八村選手。自己最多の23得点に加え、5リバウンドの活躍を見せたが、ジェームズ・ハーデン選手が59得点を挙げたヒューストン・ロケッツに158-159で競り負けた。

ホーム開幕戦を白星で飾ることはできなかったが、ファンの声援を受けて八村選手は躍動。デビュー以来4試合連続の2桁得点をマークした。

≪関連記事≫

八村塁、同僚の誕生日に歌声を披露「たんじょうび~おめでと~」 NBAデビューは“ダブルダブル”

八村塁、初遠征でNBAの洗礼 チキンサンドを用意し『ルーキーの仕事』こなす

八村塁がアメリカの砂漠でCM撮影に挑戦!メガホンを使うジョークで現場を和ませる

八村塁が「白戸家」のお兄ちゃんに!? 新CMに出演で「すみません、聞いてませんでした」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします