八村塁、同僚の誕生日に歌声を披露「たんじょうび~おめでと~」 NBAデビューは“ダブルダブル”

ワシントン・ウィザーズの八村塁選手がチームメイトに歌声を披露した。この日が誕生日だった同僚ギャリソン・マシューズ選手のためにバースデーソングを独唱。

日本語歌詞を低音ボイスで歌い上げると、チームメイトからは笑いと拍手が起こった。

歌い終わった八村選手をウィザーズ公式リポーターが直撃。「素晴らしい歌声を披露しましたけど」と言われると、八村選手は照れくさそうに笑う。

「何だったんですかね。チームメイトの誕生日だったので。ルーキーが歌うらしく、僕は日本語で歌うことになりました」

「ハッピーバースデートゥーユー」を「たんじょうび~おめでと~」と日本語訳して歌ったことについては「日本語っぽく変えときました。本当にあるのか分からないですけど」と微笑んだ。

ファンからは「このルーキー、大物感が半端ない」「雰囲気いいなぁ」などのコメントが寄せられている。

日本人初のダブルダブルで鮮烈デビュー

(c)Getty Images

八村選手は23日の開幕戦NBAデビューし、14得点10リバウンドの活躍。1試合の中で2桁得点と2桁リバウンドを記録する『ダブルダブル』を達成した。

『日本人初』尽くしのデビュー戦となった。NBAドラフトでの1巡目指名、開幕戦でのスタメン入り、そしてダブルダブルの達成、いずれも日本人では初めて

またウィザーズのチーム史においても、新人選手が開幕戦でダブルダブルを達成するのは25年ぶり。鮮烈なデビューでファンの期待に応えた。

≪関連記事≫

八村塁、初遠征でNBAの洗礼 チキンサンドを用意し『ルーキーの仕事』こなす

八村塁がアメリカの砂漠でCM撮影に挑戦!メガホンを使うジョークで現場を和ませる

八村塁が「白戸家」のお兄ちゃんに!? 新CMに出演で「すみません、聞いてませんでした」

楽しむ心がすべての原点 八村塁が語るバスケの魅力とは

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします