羽生結弦とコーチが合流 4回転アクセル挑戦は「ユヅが決める」

(c)Getty Images

フリーでの大逆転に向け羽生結弦選手に心強い味方が合流した。到着が遅れていたジスラン・ブリアン・コーチが開催地トリノに到着したのだ。

ブリアン・コーチは「彼を抱きしめて『ここにいるよ』と言った。彼は嬉しそうだった。実際、とてもいい状態に見えるね。いい顔をしていた。明るくて元気そうだったよ」と羽生選手の印象を語った。

羽生選手はコーチ不在でショートプログラムに臨み、孤独な闘いを強いられた。その原因はパスポートの盗難だったとブリアン・コーチは明かす。トリノへの経由地フランクフルトで盗難に気づいたあと、再発行のためトロントまで引き返さなければならなかった。

ユヅが『フリーで待ってるよ』と言ったから、いまここにいるんだ

(c)Getty Images

4回転アクセル挑戦の本命は世界選手権か

5日のショートプログラムで首位のネイサン・チェン選手に12.95点差をつけられた翌日、6日の公式練習で羽生選手は4回転アクセルに挑戦し、会場をどよめかせた。

以前から「将来的には必ず跳びたい」と言ってきた夢の4回転アクセル。羽生選手は「ただ練習しただけ」とフリーでの解禁を否定したが、ブリアン・コーチは「ユヅが跳びたいのなら」と選手の意向を尊重する構えだ。

「ここではない。おそらく3月の世界選手権で跳びたいのだろう。だが決定権はユヅにある

また、ブリアン・コーチは「彼は5回転よりも4回転アクセルを跳びたがっている。5回転のほうが楽だと思いますよ。アクセルはとても難しい」とコメント。より高いレベルに向かって羽生選手が挑戦し続けていると語った。

「鼠蹊部の筋肉に大きな負荷が掛かるし、適切なリズムを掴むのも困難だ。トウループはそれより少し簡単。トウをつくときに感覚が分かる。アクセルはエッジだから、より大変。英語で『やるための勇気を持つ(to have the balls to do it)』と言う。どれだけ自分の背中を押せるかということですね」

≪関連記事≫

ネイサン・チェンから見た羽生結弦「彼は史上最高」

羽生結弦が『Otonal』に込めた想い 敬愛するジョニー・ウィアーと同じ会場で「いい演技がしたかった」

【メイキング写真多数】羽生結弦、ガムでアスリートをサポートするプロジェクトのCMに出演 真剣な表情と鋭い眼光を見せる

ネイサン・チェン、羽生結弦との直接対決を語る「彼は明らかに今のトップスケーター」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします