稲本潤一が世代・競技を越えた合同自主トレ ホークス・内川聖一も参加

2002年のFIFAワールドカップ日韓大会(W杯)で2ゴールを挙げ、日本のベスト16入りに貢献した元サッカー日本代表の稲本潤一選手は、昨年9月に40歳の誕生日を迎え、現在も現役でプレーを続けている

2019年からはJ3のSC相模原に所属し、昨季はJ3の最年長ゴール記録を塗り替えた。2020年も引き続き相模原でプレーすることが決まっている。

ソフトバンク・内川聖一らと自主トレ「素晴らしい時間でした」

新シーズンに向けて稲本選手は合同自主トレを実施。自主トレには川崎フロンターレの谷口彰悟選手、大島僚太選手、そして野球界から福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手が参加。スプリントコーチの秋本真吾さんの指導を受けた。

稲本選手は野球場で撮影した5人の写真や、トレーニング中の写真を公開。「素晴らしい時間でした またやりましょう」と、世代や競技の枠を越えた合同自主トレの感想を語った。

同じ写真を谷口選手もアップ。やはり「良い環境で充実したトレーニングができました!」と実り多い時間を過ごせたようだ。

≪関連記事≫

稲本潤一に第一子が誕生 「新しい家族が増えました」

福森晃斗がプロレス観戦 内藤哲也がきっかけで興味 ゴールセレブレーションでポーズも

柳田悠岐が前年に続き子どもたちに寄付 契約更改では7年契約で事実上の「生涯ホークス宣言」

福田秀平の壮行会に柳田悠岐らソフトバンクの選手たちが集合 笑顔で送り出す

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします