日本ハム・レアード泣き笑い…猫カフェで猫に逃げられる

日本ハムのブランドン・レアード内野手が3月16日にインスタグラムを更新して、猫カフェでのショックな出来事をつづっている。

この日はオープン戦のため東京に来ていたレアード選手。ラナ夫人と一緒に都内の猫カフェに出かけ、1匹の白猫に心惹かれたようだ。さっそく撫ででみようとするが、猫はレアード選手に触られることを拒否。

「This cat is saying stop touching me」と当時の様子をつづるレアード選手。さらにショックだったのは、この猫がラナさんにはおとなしく触らせていたことで、対応の違いに泣き笑いの絵文字を連打していた。

レアード選手の投稿にラナさんは、「彼女は私が好きなのよ」とコメント欄で追い打ち。フォロワーからは、「本当に可愛い猫ですね」「私も猫が好きですよ」「猫カフェ私も行きます。この猫ちゃんはレディキラーですね」などの反応が寄せられた。

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします