柏レイソルが開幕戦に勝利 江坂任が2得点「チーム全体で熱いプレーができれば勝てる」

(c)Getty Images

2月22日、2年ぶりにJ1の舞台へ戻ってきた柏レイソルがコンサドーレ札幌を4-2で下し、開幕戦を白星で飾った

柏は前半13分にスローインから素速いリスタート。マイケル・オルンガ選手が中にボールを入れると、受けた江坂任選手がドリブルから左足を振り抜き先制ゴールを決めた。

好調の江坂選手は先制ゴールだけで終わらない。前半20分には自陣から相手ディフェンスラインの裏を狙った長いパス。これに俊足のオルンガ選手が反応。前に出てきたキーパーも躱しながらエリア内に持ち込み、右足でゴールネットを揺らした。

開幕戦白星が欲しい札幌も反撃。波状攻撃で柏ゴールに迫るが、そのたびに柏は選手が身を投げ出してブロック。

2-0のまま迎えた後半13分、またも江坂選手がスコアを動かした。左サイドのオルンガ選手から出たパスをクリスティアーノ選手が受け、後ろから走ってきた江坂選手にパス。倒れ込みながら伸ばした左足で駄目押しの3点目を奪った

2ゴール、1アシストの江坂任「熱いプレーで勝ちを増やしたい」

2ゴール、1アシストの活躍で勝利に貢献した江坂選手は試合後「自分たちのいい時間、いい流れだったので1発目のチャンスで決められて良かったです」と先制点の場面を振り返った。

「今日みたいにチーム全体で熱いプレーができれば勝てると思うので、そういうプレーを増やして勝ちも増やしていきたいと思います。いいスタートが切れたので、次の試合もまた勝ちを味わいたいなと思います」

≪関連記事≫

浦和レッズが開幕戦に勝利 決勝ゴールの関根貴大「1年通して良いサッカーができるように」

中澤佑二が『ジャンクスポーツ』に出演 サッカーの名門・国見高校の強さの秘密に迫る

湘南・齊藤未月と浦和・岡橋大樹が対談 Jリーグ開幕を前にお互いの印象を語る

JFAが思い描く「誰もが日本代表を目指せる世界」 eサッカー国際大会に日本代表を派遣

 


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします