湘南・齊藤未月と浦和・岡橋大樹が対談 Jリーグ開幕を前にお互いの印象を語る

2020年のJ1リーグが2月21日に開幕する。オープニングマッチを戦う湘南ベルマーレ浦和レッドダイヤモンズから、それぞれ選手1名が対談企画に出演した。

出演したのは湘南の齊藤未月選手と浦和の橋岡大樹選手。早生まれの齊藤選手が学年では1つ上だが、世代別代表ではチームメイトになったこともある

同世代の選手同士で冗談も言いながら開幕戦の展望を語り合った。

橋岡大樹から見た齊藤未月は「年上なのに話しやすい」存在

まずはお互いの印象から話し始める両選手。橋岡選手は「真面目に見えておちゃらけてる部分もある」と齊藤選手を評する。

真面目な部分と砕けた部分のバランスが「年上なのに話しやすい」と感じたようだ。

一方の齊藤選手は「大胆なプレーをする選手。激しく人にぶつかっていく」と橋岡選手についてコメント。プレースタイルに似たところがあると互いに頷き合った。

浦和はJ2得点王のレオナルド 湘南は若く勢いのある岩崎悠人に注目

次に開幕戦の予想スタメンを見ながらお互いのチームについて語り合った。

浦和はオフにアルビレックス新潟からレオナルド選手を獲得。一昨年にJ3、昨年はJ2で得点王に輝いたストライカーだ。

J1デビュー戦となった16日のルヴァンカップ・グループステージ第1節では、ベガルタ仙台から2ゴールの活躍で早くも存在感を発揮している

浦和は馴染みのあるメンバーにレオナルド選手を加えた布陣で開幕戦に臨むと予想される。

「J3得点王、J2得点王ときて、満を持してのJ1。どうなるのか」と齊藤選手がレオナルド選手との対戦を楽しみにすれば、橋岡選手は「得点能力は高い。練習試合でも5試合連続ゴール。めちゃくちゃ点取る」と新たなチームメイトについて熱っぽく話す。

対する湘南はオフに補強した選手が多く先発起用されると予想。橋岡選手は「若い力が凄い」と湘南の予想オーダーを見ながら力説。

特に岩崎悠人選手は「速くて決定力もある。警戒しないといけない選手」と注目した。

勝敗予想では双方とも自チームの勝利を予想

勝敗予想では齊藤選手が「2-1で湘南の勝ち」と予想。それに対して橋岡選手が「未月が弱気に出たな」と切り返す。

1点決められてるじゃん」と無失点で勝つと言い切らない点を指摘された齊藤選手は、「うちは攻撃もするから1点は仕方ない」と反論。失点を覚悟しても攻めきって勝つスタイルで挑む。

一方の橋岡選手は「2-0で浦和の勝ち」と予想。「右から(自身が)クロスを上げて1点目をレオナルド選手が決める。2点目も俺がクロスを上げて興梠慎三)選手が決めるっていうシナリオができてる」と得点のイメージを語った。

お互いに2020年の主役は「俺だ」

今シーズンのJリーグは『2020年の主役は誰だ』がテーマ。齊藤選手、橋岡選手とも「主役は俺だ」と五輪イヤーに意気込んだ。

「もちろん主役は俺って言いたいし、代表にも選ばれてきてるから、最後に笑うのは俺だという気持ちも込めて」と齊藤選手が言えば、橋岡選手も「主役は自分だと思ってる」と譲らない。

自分にしないといけないと思ってる。やっぱりチームの中心としてやっていきたい気持ちがあって、チームで結果を出せばオリンピックに出られる。サポーターの皆さんに喜んでもらえるような結果を残せるように頑張りたいなと思ってます」

最後はお互いに「頑張りましょう」と硬く握手して新シーズンの活躍を誓い合った

≪関連記事≫

JFAが思い描く「誰もが日本代表を目指せる世界」 eサッカー国際大会に日本代表を派遣

内田篤人、スマホケースにアンパンマン パパな一面のオフショット

キング・カズの風格ある写真を松井大輔がアップ 横浜FCが横浜市庁訪問

富士ゼロックススーパーカップは神戸が勝利 9人連続PK失敗の珍記録も、最後は山口蛍が決める

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします