八村塁、7戦連続の2桁得点をマーク 新型コロナウィルス対策は「みんなで意識」

現地3月3日(日本時間4日)、八村塁選手が所属するワシントン・ウィザーズサクラメント・キングスと対戦。八村選手も先発出場した。

八村選手は第1クォーターに味方のパスから初得点。第3クォーターにダンクや3ポイントシュートで得点を重ね、第4クォーターも再びダンクを叩き込む。チームは126-133で敗れたが、八村選手は20得点、6リバウンド、3アシストで7戦連続の2桁得点をマークした。

試合前のインタビューで八村選手は、新型コロナウィルスについての質問にも回答した。

みんなでやれることから意識

各地で感染報告数が増え、世界的な流行の兆しを見せている新型コロナウイルス。アメリカでも感染が報告されている。

消毒用のペーパーは鞄などに入れてあり、いつでも使えるようにしています」と対策を話す八村選手。

アメリカでプレーしているため日本の状況はあまり分からない、家族から話は聞いているという八村選手だが、全国の学校に休校要請が出たことはただならぬ事態と感じている。

「いままでにない話。子供のころから考えてもあり得ない話なので、それだけ日本でも大変な状況なんだなというのは感じます。そうしたなかでもオリンピックやりたいというのはありますし、これからもみんなで手洗いうがいを意識してオリンピックのためだけではなく、日本のためにやってもらいたいなと思います」

≪関連記事≫

なでしこ横山久美、八村塁出場のウィザーズ戦で試合前セレモニーに出演

八村塁の新シューズに“ハチ” 後半戦の相棒に注目

八村塁、チームのチャリティーイベントでボウリングに挑戦 スコアには「結構よかったんじゃないかな」

コービー・ブライアント追悼のNBAオールスターはチーム・レブロンが勝利 カワイ・レナードがMVP受賞

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします