八村塁、チームのチャリティーイベントでボウリングに挑戦 スコアには「結構よかったんじゃないかな」

NBAはオールスターウィークが終わり、ワシントン・ウィザーズは現地2月21日(日本時間22日)からシーズン後半戦がスタートする。

プレーオフ進出に向け大事な後半戦を前に、ウィザーズはチャリティーイベントを開催。八村塁選手もボウリング大会に出場してファンと触れ合った

いい経験になりました」と八村選手。ボウリングでは138点を取り「結構よかったんじゃないかなと思います」と満足そう。

ボウリングはプライベートでもほとんど経験がなく、高校の授業で1回やった程度と話す八村選手。序盤こそ慣れないスポーツに苦戦するも途中から追い上げた

プレーオフ進出へ後半は「ディフェンスが大事」

(c)Getty Images

八村選手はNBAオールスターゲームと同じ週に行われる、若手オールスターのライジング・スターズ・チャレンジ日本人としては初めて出場した。貴重な経験に八村選手は改めてNBAが目指す理念を感じ取ったようだ。

「バスケだけじゃなくチャリティーイベントもありましたし、いろんなイベントで人と関わりながらNBAで盛り上げていこうというところが見られたので、そういうところがNBAのいい部分だと思う。僕も意識してやっていかないといけない」

八村選手は12月に負った鼠蹊部のケガで前半戦23試合を欠場。同時期にケガ人が続出したウィザーズは苦戦を強いられた。それでも前半戦最後の試合は2連勝で終え、プレーオフ進出に巻き返しが期待される

後半戦で意識したいポイントに八村選手は「ディフェンスのレベルアップ」を挙げた。

「僕としてはディフェンスが鍵になるんじゃないかなと思いますね。3月もタフなスケジュールになってくるので。オフェンスは大丈夫だと思うので、ディフェンスでどれだけ守れるかがプレーオフに向けての鍵になると思います」

≪関連記事≫

コービー・ブライアント追悼のNBAオールスターはチーム・レブロンが勝利 カワイ・レナードがMVP受賞

八村塁、日本人初のライジングスターズ出場 チーム最多タイのダンクには「勝ちたかっただけです。負けるのが大嫌いなので」

ザイオン・ウィリアムソンの圧倒的パワー NBA若手球宴でゴールを破壊

渡邊雄太、大学時代を過ごしたワシントンでの試合に喜び 「お帰りなさいと言ってもらえて嬉しかった」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします