鍵山優真、世界ジュニアSPは自己ベストで首位発進 フリーへ向け「集中し続けなければいけない」

3月4日、フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で男子シングルのショートプログラムが行われ、日本の鍵山優真選手85.82点首位に立った。ジュニアグランプリファイナル王者の佐藤駿選手は、自己ベストの79.30点で5位につけた。

鍵山選手は冒頭の3回転ループを成功させると、続くトリプルアクセル(3回転半)も着氷。後半の連続ジャンプも大きなミスなく降りた

IOC(国際オリンピック委員会)の公式メディア『オリンピックチャンネル』は、世界ジュニアについて「ユースオリンピック王者の鍵山優真が男子ショートプログラムをリード」と伝えた。

鍵山選手は、ユースオリンピック銀メダルのアンドレイ・モザレフ選手(ロシア)を1.51点抑え、僅差の首位でフリースケートに臨む。

今シーズン最後のショートプログラムで会心の演技

ショートプログラムの演技を終えた鍵山選手は、「今日はとてもリラックスできました」とコメント。トリプルアクセルで少し気になった部分があったようだが、練習で上手くいっているので自信を持ってできましたと話す。

後半のコンビネーションジャンプは「最初のジャンプで少し揺らいだけど、上手く立て直すことができました」としている。

今シーズン最後のショートプログラム。いい演技ができて「とても嬉しかった」と喜びながらも、世界ジュニア王者に向けて「フリーでは何でも起こりうる。集中し続けなければいけない」と気を引き締めた。

≪関連記事≫

鍵山優真と佐藤駿、ISUが世界ジュニアの優勝候補として注目

鍵山優真「色んなことを吸収し学ぶことができました」 初のシニア国際大会で3位入賞

宇野昌磨、「昼寝からの寝起き」 チャレンジカップ、世界選手権に向けてスイスにて

ジェイソン・ブラウン、四大陸選手権銀メダル後に見せたフラワーガールとの共演

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします