水谷隼・伊藤美誠ペアがカタールオープン優勝 中国ペアに勝利し今季初タイトル

卓球のITTFワールドツアー・カタールオープンで3月7日、ミックスダブルス決勝が行われ水谷隼/伊藤美誠ペアが王楚欽/孫穎莎ペア(中国)をゲームカウント3-1で破り、今シーズン初優勝を果たした。

ともに静岡県磐田市出身の水谷/伊藤ペアは、2019年にツアー優勝1回、準優勝4回と抜群の安定感。東京五輪でもメダルが期待される

2019年8月のブルガリア・オープン以来となる優勝が懸かった試合では、伸び盛りの中国ペアと対戦。水谷選手以外の3人が2000年生まれの黄金世代という組み合わせで、ベテランの水谷選手が伊藤選手を巧みにリード。

伊藤選手のサーブも冴えて主導権を握った水谷/伊藤ペア。最後は水谷選手が倒れ込みながら放った渾身のフォアハンドでツアー2勝目を手にした。

伊藤美誠は女子シングルスでも決勝進出

伊藤選手は女子シングルスでも決勝進出を決めている。準決勝ではリオ五輪金メダルの丁寧選手(中国)を相手に11-6、14-12、11-0、11-5の完勝を収めた。

2月のハンガリーオープンで今季初優勝を果たした伊藤選手は、ワールドツアー2大会連続で決勝に進出。連続優勝を懸けて世界ランク1位の陳夢選手(中国)と対戦する。

(c)Getty Images

≪関連記事≫

ハンガリーオープン準優勝の宇田幸矢 張本智和との日本人対決に敗れるも決勝進出は自信に

伊藤美誠がハンガリーオープン優勝 苦戦の末の勝利は「次の自分をまた強くするきっかけ」

張本智和がハンガリーオープン優勝 「まだ0に戻っただけ、もっと頑張ります」

石川佳純・平野美宇ペアがハンガリーオープン優勝「いつも隣にいて心強いです」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします