「ジーター2世」とまで讃えられた加藤豪将、マーリンズからメジャーデビューなるか

2013年、ひとりの日本人がニューヨーク・ヤンキースにドラフト指名された。名は加藤豪将(かとう・ごうすけ)。カリフォルニア州マウンテンビュー(いわゆるシリコンバレー界隈)出身。リトルリーグから野球をはじめ、サンディエゴのランチョ・バーナード高校で打率4割をマークするなど活躍。

UCLAへの進学が決まっていたが、ヤンキースに2巡目全体66位でドラフトを受け入団した。同校は「マネー・ボール」で名高いアスレチックスのビリー・ビーンGMの出身校としても名高い。

アメリカ国籍を持つものの、日本人が全体100位以内でドラフトを受けたのは初めて。このため、ご記憶の野球ファンも多いだろう。それまでは田中将大の同期、鷲谷修也が2009年に14巡目、全体492位で指名されたのが最高位だった。余談だが昨年、鷲谷本人と杯を重ねるという僥倖を経験した。

≪文:たまさぶろ●スポーツ・プロデューサー、エッセイスト、BAR評論家≫

イチローに憧れ左打ちに

(c)Getty Images

加藤は190センチ近い長身とがっしりした体躯、2塁手であり、そのシュアなバッティングから「ジーター2世」とまで形容された。右利きながら、イチローに憧れ、左打ちに転向。高校時代は、全米ファーストチームに選出されたほど。日本人として期待しないわけにはいかない

加藤が入団した年、イチローがヤンキースに移籍。憧れの選手と対面を果たすも、MLBでの成績は順風満帆とはいかず、シングルAで思うような成績を残せず苦戦。2016年から2塁だけではなく、ユーティリティ・プレーヤーとして様々なポジションを経験。

2018年および19年には、ヤンキースの招待選手としてメジャーのキャンプに帯同するも、昇格はならず。それでも全内野のポジションに加え、外野もこなし昨季、傘下の3Aで83試合に出場打率.27939打点を記録した。

昨年、イチローの引退に際しては、ジーターの立ち上げたデジタルメディア「The Players’ Tribune(プレーヤーズ・トリビューン)」に「お疲れ様でした」の記事を掲出アスリートとしての矜持も覗かせた。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします