谷口大智、新装再編版『SLAM DUNK』を購入し思い出を語る…作品とは浅からぬ縁も

秋田ノーザンハピネッツの谷口大智選手がインスタグラムを更新して、漫画『SLAM DUNK』の新装再編版を購入したと報告している。

谷口選手と『SLAM DUNK』の間には浅からぬ縁があり、新装版の刊行に際して「SlamDunkを読んだことのないみなさん!是非読んでみてください!」と強くオススメした。

スラムダンク奨学金第2期生だった谷口大智

『SLAM DUNK』は井上雄彦さんによる漫画作品で、週刊少年ジャンプに1990年から1996年まで連載されていた。

不良だった主人公・桜木花道がバスケットボールと出会い、素人ながらも高い身体能力と努力で力をつけ、仲間達・ライバル達とともに成長していく物語である。

連載が終了して20年以上経っても根強い人気があり、この作品後バスケットボールを題材にした漫画は多数出版されたが、現在でも代表的な存在として扱われる。

谷口選手は「当然買いに行きました!! 」と購入したばかりの単行本と、作者・井上さん直筆のサイン色紙を公開し、「子供の頃に親から、この漫画なら買ってあげてもいいよ!と一番最初に手にした漫画です」と幼少期の思い出を綴っている。

また、谷口選手は「スラムダンク奨学金」を受けて高校卒業後に渡米し、米国の大学に留学した経験を持つ。

子供のころに読んでいた漫画が進路を開いてくれたことに、「まさか自分の人生で作者の井上さんにお世話になるとは思ってもなかったです!」と驚き、井上さんの印象については「会えば、気さくに話してくれます」と語った。

谷口選手の投稿にファンからは、「毎回ジャンプを回し読みしてました」「何回読んでも、アツくなれる漫画です」「小学生の頃から何度も読んで、暗記してるくらい大好きな漫画」「花道と流川がハイタッチするシーンが好きです」などのコメントが寄せられている。

今回の新装再編版は単なる新装版に留まらず、旧コミックス31巻を全20巻にまとめ、試合の決着など物語の節目ごとに巻を区切り直している。だから、「今日はあの試合だけ読み返したい」といったことができる。

単行本は6月から4ヶ月連続刊行を予定している。詳しくは少年ジャンプ公式サイトを参照のこと。

ついに…!! 『SLAM DUNK』新装再編版の第1弾、1~6巻(6月1日[金])発売!!!|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします