松坂大輔のデビュー戦再放送に反響 「#松坂伝説」がトレンド入り、22日はイチローとの初対戦を放送

(c)Getty Images

新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕延期が続くプロ野球。4月21日は本来なら埼玉西武ライオンズが東京ドームに千葉ロッテマリーンズを迎えて対戦するはずだったが、この主催試合も中止となった。

なかなか開幕を迎えられず落胆する野球ファンが多いなか、西武の試合をラジオ中継する文化放送ライオンズナイターで、松坂大輔投手の新人時代を振り返る企画を実施。21日はプロ初先発ながら8回2失点で初勝利をマークした日本ハムファイターズ戦を放送した。

ツイッターでは「#松坂伝説」がトレンド入り。ファンは当時のことを思い出しながら、ある人はしみじみと、ある人は当時の興奮そのまま、試合の展開に喜びの声をあげた。

伝説になった松坂大輔の初先発

この試合で実況を務めた斉藤一美さんも「聴いてて、疲れる。手に汗、握ってしまう」と自分の実況を聞きながらツイート

さらにファンの「斉藤一美さんはやたらとこの日の日付(1999年4月7日)を放送で言ってるような気がするんだけど、これはこの試合が後々『伝説』になる、再放送や場面のリプレイが将来多々ある、というような確信があってあえて多く言ってたりするのかしら……?」というツイートを引用しながら、斎藤さんは「その通りです」と実況に込めた真意を明かした。

22日にはイチローとの初対戦を放送

22日には『自信が確信に変わったBW戦』と題して、1999年5月16日のオリックス・ブルーウェーブ戦が放送される。

この日の試合で松坂投手は当時オリックスに所属していたイチローさんと初対戦。3奪三振完璧に抑えた。試合後に松坂投手は「自信から確信に変わりました」とコメント。大物新人らしい異彩を放った。

『自信が確信に変わったBW戦』は4月22日17時55分から文化放送で放送。

≪関連記事≫

14年ぶり西武復帰の松坂大輔、本拠地での復帰後初登板 無観客試合もファンはハッシュタグで応援

松坂大輔も胴上げに参加!後藤武敏の引退試合で春夏連覇の横浜高メンバーが集まる

イチローがマリナーズの春季キャンプでノック 現役時代と同じ背番号「51」で登場

西武・今井達也、“感覚を失わないこと”をテーマに調整 「今の時期をマイナスに捉えないように」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします