14年ぶり西武復帰の松坂大輔、本拠地での復帰後初登板 無観客試合もファンはハッシュタグで応援

西武ライオンズ松坂大輔投手が3月15日、メットライフドームでの東京ヤクルトスワローズ戦に登板し、3回を投げて1安打無失点に抑えた

松坂投手は1999年のプロ入りから8年間西武に所属。2007年からはメジャーリーグでプレーし、日本球界復帰後は福岡ソフトバンクホークス、中日ドラゴンズと渡り歩いてきたが、今シーズンから14年ぶりに西武の一員となった。

6回に登板した松坂投手は、先頭の山田哲人選手を空振り三振に仕留める。その後はランナーを出しながらも失点を防ぐ粘りのピッチング

8回も先頭打者を四球で歩かせたが、内野ゴロ2つで2アウトとし、打席に昨シーズン36発の4番・村上宗隆選手を迎えた。20歳の村上選手と今年9月で40歳になる松坂投手。倍の年齢差がある2人の対戦は、フルカウントからフォークボールで三振を奪った松坂投手に軍配が上がる。

西武のユニフォームで14年ぶりの登板

松坂投手が西武のユニフォームでメットライフドームのマウンドを踏むのは、渡米前の2006年にプレーオフ第1戦でソフトバンク戦に登板して以来。このときは斉藤和巳さんとの投げ合いを制して西武が1-0で勝利した。

試合は新型コロナウイルスの影響により無観客で行われたが、西武はSNSで「#共熱」のハッシュタグが付けられた投稿を場内のビジョンに流した。松坂投手の登板にもファンは歓迎のコメントを多く寄せた。

≪関連記事≫

横浜スタジアムのペーパークラフトが無料公開 平良拳太郎は開幕へ向け「しっかり準備」

ロッテ移籍の鳥谷敬が入団会見「また野球ができることに感謝」
鳥谷敬、ロッテ移籍が決定「感謝の気持ちしかありません」 阪神ファンからも応援の声
甲斐拓也が「育成選手」を語る 里崎智也のyoutubeチャンネルに登場

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします