永里優季、「W杯が開幕したということで…」同僚のサプライズに大ウケ

元サッカー女子日本代表でシカゴ・レッドスターの永里優季選手がツイッターを更新し、FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕に合わせて、チームメイトからサプライズがあったことを投稿している。

W杯決勝で交換したユニフォームを…

「W杯が開幕したということで…」の書き出しで動画を投稿した永里選手は、チームメイトのアリッサ・ナアー選手が3年前の女子W杯決勝で交換したユニフォームを練習に着てきたと綴り、長身のアリッサ選手が着ると窮屈そうだと笑った。

「3年前のW杯決勝で交換した私のユニを今日の練習で着てきた(笑)パツパツすぎてウケる」

ロッカールームに笑顔を提供したアリッサ選手には、「このアリッサの表情と他の人達のリアクションに爆笑」「ピチピチだ」「うわぁ!!すごい!!」などのコメントが寄せられている。

ロシアW杯から目が離せない永里優季

先日いよいよ開幕したW杯を観戦している永里選手は、ツイッター上に試合の感想も投稿している。

大会オープニングゲームとなったロシア対サウジアラビア戦では、前評判の低さを覆すロシアの戦いぶりを絶賛した。

「ロシア強かったな。前半しか見れなかったけど…ボールを奪ってからのカウンターの速さが際立ってた。守備のバランスが良いから、攻撃に移行するときの生産性が高いし」

大好きだというエディソン・カバーニ選手がいるウルグアイとエジプトの試合では、終盤までもつれた展開に手に汗握り、惜しくも0-1で敗れたが最後まで健闘したエジプトを称えた。

「エジプト、本当に良く戦ってたんだけど、ウルグアイがこじ開けた。エジプトがこんなに良いチームだったとは思わなかった。サラーが出ていたらまた違ったのかもしれないけど。しかし、大好きなカバーーーニーーーーのゴールを期待」

ツイートからもすごくサッカーが好きなことが伝わってくる永里選手。約1ヶ月間テレビから目の離せない日が続きそうだ。

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします