【総合格闘技】「RIZIN.26」神童・那須川天心が勝利 K-1武尊の前で

(C)RIZIN FF

Yogibo presents RIZIN.26」が31日、さいたまスーパーアリーナで開催され、第14試合・スペシャルワンマッチ(RIZIN キックボクシングルール:3分3R(57.0kg))「那須川天心 vs クマンドーイ・ペットジャルーンウィット」は、判定3-0で那須川天心が勝利した。

【総合格闘技】「RIZIN.28」6月13日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

【関連】「RIZIN.26」12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

立ち上がりの1Rから互いに重い攻撃を繰り出すも、決定打を欠いたまま2Rへ。試合が動き出したのは中盤で、那須川の左フックが相手の顔をとらえ、クマンドーイが倒れるシーンも見られた。これはダウンとならずスリップ判定だったが、徐々に試合の流れは那須川ペースとなる。そして3Rには、那須川からKO宣言とも取れる「トリケラトプス拳」のポーズも飛び出し、その後も攻撃の手を緩めず最後までKOを狙い続けた。

(C)RIZIN FF

試合後に那須川は「今日は応援ありがとうございました。今まで対戦した中でも一番蹴りの硬い選手で、クマンドーイ選手は素晴らしいファイターでした。自分はまだまだ未熟ですが、これからももっと強くなっていきますので、皆さん応援よろしくお願いします。

今日会場にK-1武尊選手が来てくれて、ありがとうございます。まだ何も決まっていないのですけど、一緒に格闘技を盛り上げましょう」と語った。

那須川はこの勝利により、キックボクシングルールでは38戦全勝として自身の連勝記録を伸ばした。

文・SPREAD編集部

【総合格闘技】「RIZIN.26」朝倉未来が復活 1RKOでドミネーター聡志を沈める

【総合格闘技】2021年のRIZIN開幕戦は「3.14東京ドーム」を予定 榊原CEOが明かす

【総合格闘技】「RIZIN.26」シバター、試合後ドローから「一本勝ち」に変更 検証により結果が覆る

【総合格闘技】「RIZIN.26」シバター、HIROYA相手に奮闘! ドロー判定も検証後に「一本勝ち」

【総合格闘技】「RIZIN.26」12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします