【総合格闘技】「RIZIN.26」堀口が1Rで王座奪還 昨夏の雪辱を果たす

(C)RIZIN FF

Yogibo presents RIZIN.26」が31日、さいたまスーパーアリーナで開催され、第15試合・バンタム級タイトルマッチ(RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)※肘あり)「朝倉海 vs 堀口恭司」は、1R2分48秒TKOで堀口恭司が勝利した。

【関連】「RIZIN.26」12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

元RIZIN&ベラトール王者・堀口が強さを見せつけた。立ち上がりはお互いに距離を取りつつ牽制しあっていたが、徐々に堀口が朝倉の左足に向けて攻撃を開始。右カーフキックの連打で朝倉の足は腫れあがり、それと同時に動きも鈍りだしてきたが、堀口はそのまま攻撃の手を緩めず、グラウンドパンチのラッシュで王者をリングに沈めた。1年4か月前の雪辱を果たし、怪我からの復帰戦を白星で飾った。

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

試合後、勝者の堀口は「皆さん長い間、自分の怪我で待たせてしまって、申し訳ありませんでした。コロナで大変な時期ですが、やることやっていればいいことはあるので、頑張ってください。

やっと取り戻したという感じです。自分を信じて、チームを信じて、やってきました。結果を残せてよかったです」と話し、リングの上で喜びを爆発させた。

(C)RIZIN FF

文・SPREAD編集部

【総合格闘技】「RIZIN.26」神童・那須川天心が勝利 K-1武尊の前で

【総合格闘技】「RIZIN.26」朝倉未来が復活 1RKOでドミネーター聡志を沈める

【総合格闘技】2021年のRIZIN開幕戦は「3.14東京ドーム」を予定 榊原CEOが明かす

【総合格闘技】「RIZIN.26」シバター、試合後ドローから「一本勝ち」に変更 検証により結果が覆る

【総合格闘技】「RIZIN.26」シバター、HIROYA相手に奮闘! ドロー判定も検証後に「一本勝ち」

【総合格闘技】「RIZIN.26」12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします