ヘタフェ久保は“開始18秒弾”演出も、チーム大敗に地元紙から辛口評価

アスレティック・ビルバオ戦にスタメン出場をした久保建英 (C)Getty Images

スペインのリーガ・エスパニョーラは25日(日本時間26日)、アスレティック・ビルバオヘタフェエスタディオ・カンポ・サン・マメススペイン・ビルバオ)で対戦。ヘタフェのMF久保建英は、20日のウエスカ戦に続き、2試合連続で右サイドハーフとしてスタメン出場を果たし“開始18秒弾”を演出するも、チームは1-5で大敗した。

キックオフ直後、久保のパスカットが起点となり、マーク・ククレラの“開始18秒弾”で先制。しかし、見せ場はここまで。アスレティック・ビルバオのラウル・ガルシアの同点ゴールを皮切りに5失点を許し、チームは思わぬ大敗を喫した。久保は後半24分にマモール・ニアンと途中交代。地元紙には、移籍後初めて久保に対して厳しい論調が飛び交い、悔しい試合となった。

次節は1月31日、ヘタフェのホームであるコリセウム・アルフォンソ・ペレスアラベスを迎え撃つ。

【サッカー】久保建英、初スタメンでチームに白星「タケの貢献には大変満足」

【サッカー】久保建英、新天地デビュー戦で躍動 地元紙も称賛「笑顔を取り戻した」

「久保くん」はNG?久保建英の呼び方で議論再燃

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします