【野球】プロ野球史を作るのは誰か 最後の「記録の神様」千葉功氏追悼

■プロ野球の歴史は記録員によってこそ残される

◆記録の価値がわからないのは「野球にとっては大変不幸なこと」

プロ野球史は誰によって作られるか……。

もちろん華々しい活躍を魅せる多くの名選手なくしてプロ野球はありえないだろう。また、球団創設に、またその存続に尽力した経営者の数々も忘れてはならない。そして、そうした選手や球団を支えるファンたち……ファンなくしても、またプロ野球はない。

しかし「プロ野球史」を作り上げたのは、ふだんスポットを浴びることはない、幾多の野球の記録を綴って来た記録員として間違いない。

選手たちがグラウンドに立ち、試合が行われる。そこで投じられる一球一球をストライクボールか正式にスコアブックに書き留め、その球の行く末を見定めヒットエラーか結果をすべて記録する……この役割を担うのが、公式記録員たちだ。記録員なくして、また野球の結果は残されない。プロ野球の歴史は記録員によってこそ残される。

■最後の「記録の神様」、千葉功氏が亡くなる

そうした記録員の中でも、「記録の神様」と呼ばれる存在がいた。

そのひとりが現在の「野球規則」を定め、初代パシフィック・リーグ記録部長に就いた山内以九士(やまのうち・いくじ)氏。日本初の公式記録員とされる広瀬謙三(ひろせ・けんぞう)氏らとともに、野球のルールブックを翻訳、現在の「防御率」「自責点」などの言葉を生み出したとされ1985年、特別表彰により野球殿堂入りを果たした。

また宇佐美徹也(うさみ・てつや)氏はその山内に師事、現在公式記録としてメディアに露出されているすべての源となる日本野球機構(NPB)のデータベース「ベースボール・インフォメーション・システム(BIS)」の構築に尽力、初代BISデータ本部室長を務めた。1989年より(89=野球の年だ)稼働しているこのデータベースの存在がなければ、日本中の読者が目にするプロ野球の記録はもっとお粗末だったろう。宇佐美氏は2009年に鬼籍に入り、殿堂入り候補となりながら選出されることはなかった。

週刊ベースボール』に連載された千葉功(ちばい・いさお)氏の「記録の手帳」は連載2897回を数え、「プロ野球ファン」を自認する方なら一度は通読した経験がある超名物企画だ。

その千葉氏が1月26日、亡くなった。

病に倒れ同連載は2017年に休止。つい先日、宇佐美氏についての記事を起こしつつ「そう言えば、神様はどうされているだろうか」と思いを巡らせた矢先に届いた訃報だった。これで3人の「記録の神様」が全員、天に召された。

千葉氏は1935年5月22日東京都出身。54年にパ・リーグ事務局に入り、主に公式記録員として活躍。75年にはパ記録部長となり97年に退いた。スポニチによると、公式記録員として書き留めた試合は1810試合。神様らしく、連載回数も含め、記録的な数字を残された。ベースボール・マガジン社から『プロ野球記録史』も刊行。まさにプロ野球が積み重ねて来た記録を今日に伝える功績を残した。

NPB記録データ管理部山川誠二次長は「パ・リーグ記録部長のときに、私を採用して下さった大恩人です。今の記録員という仕事に憧れたのは千葉さんの存在があったこともあります」と追悼を述べた。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします